完璧なスペックですね、ボウテックのハイスピードターゲットReckoning。

ボウテックがベガスシュートで、2019年モデルの新しいハイスピード(335fps)ターゲットモデル、レコニング(Reckoning)を発表しました。完璧なスペックの弓ですね。

追加された機能はカムドライブというもので、特にチューニングとして新しいわけではないです。私もエリートの時にやりましたが、これまではボウプレスをかけて、カムを外してと、ワッシャーを入れ替えて、ひと調整で1時間程度かかるものでしたが、この機能はレンチで回すだけで、調整可能です。めっちゃ時短です!

さて、このチューニングは、ハイスピードの弓、短いATAの弓ほど必要なものですが、しかし、かと言って、そのスペックを過激にしすぎるとターゲットには向かないものとなってしまいます。

そこで、ボウテックの選択した35インチ、ブレースハイト7インチ、335fpsはほぼ完ぺきな答えではないかと思います。ちょっと高いですが、間違いなく、市場で最もチューニングしやすい弓の一つです。


The following two tabs change content below.
Ryo

Ryo

山口諒 - JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、2014年コンパウンドに転向、2018年よりベアボウに挑戦中。リカーブ・コンパウンド両方で全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。

2 thoughts on “完璧なスペックですね、ボウテックのハイスピードターゲットReckoning。

  1. フィールドで使う330fps以上で軸間35インチ前後の弓を探していて、PRIMEのCT5、エリートのリチュアル35などのスペックをみていたのですが、Bowtechのこの弓はスペックといい、この新しい機構といいとても良さそうですね。

  2. 自分が全日本ターゲットで2位だったときの弓がエナジー35(ATA 34-3/4″ / BH 7-1/8″ 330fps)ですので、個人的にもかなり使いたいスペックです。エナジーはチューニングに3か月かかりましたが、この弓なら、1か月程度でチューニングできる気がします。ベアボウやってるので買えないのですが…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。