インドア初戦GTオープン、14歳のケーシー選手が優勝!

ライブ中継を見ていたら、父親がコーチをしていると言ってましたが、14歳での海外での国際大会、そりゃ、保護者いないとですね。リカーブ女子はケーシー・カウフォード(Casey Kaufhold)選手が優勝しました。前日にはキャデットの世界記録も更新しています。これからが楽しみの選手ですね。ちなみに、コンクエスト・アーチェリーの世界戦初のメダルとなります。

男子はSteve Wijler選手が優勝し、JVDオープンに続き、男女ともにホイットの2019年新モデルが無改造での金メダルです。ハンドルの性能が上がれば、実績も出るという、まっとうな流れですね。ちなみに3位のリック選手は、エピックをリムボルトとアライメントシステムをともにGMX式に改造しています。

X-Busterも人気です。リカーブでは全員大口径シャフトを使用する選手はメダリストにはいませんでした。

次のマカオオープンは来週です。こちらには、韓国のトップ選手が多くエントリーしています。どんなセッティングで来るのか楽しみです。


The following two tabs change content below.
Ryo

Ryo

山口諒 - JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、2014年コンパウンドに転向、2018年よりベアボウに挑戦中。リカーブ・コンパウンド両方で全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。