スカイロン(SKYLON)シャフト正式販売開始します。

ワールドカップ・ファイナル(7位)と世界フィールド(3位)で使用されたイーストンの新しいシャフトが、低価格のストレートタイプの単一スパインシャフトだったと発表がありましたが、販売は2月を予定しているそうです。

それと、同じ設計(オールカーボンとアルミコアとの違いはあり)のスカイロンシャフトですが、概ね良いスタートを切ることができ、フィードバックもよいので、来週から正式に在庫して販売することとしました。TEC ONEと競合するためかBrixxonの販売はあまり盛り上がりがありませんが、Paragonは入荷するごとにすぐに売り切れる状態です。

*Paragon 700番のみメーカー在庫切れ。

さて、私がアーチェリーを始めたころ、イーストン以外のメーカーで世界大会で実績のあるシャフトは、今は無き(ターゲット向け製造終了)ビーマンくらいしかなったと思います。2000年ごろの話です。

それから20年近く経ち、現在では、CX、GOLD TIP、ブラックイーグルが世界大会でメダルを獲得し、Victoryと最新興メーカーのSKYLONがスペック的にはメダルを獲得できる距離にはいると考えられます。1社から3社まで増えました。その理由は、リカーブでは複合スパインシャフトを製造できるメーカーが増えたことが考えられますが、価格としてはX10とほぼ変わらないので、マーケットの変化はほぼありません。

対して、コンパウンド側では弓の性能が進化したために、単一スパインのシャフトでもチューニングできれいな矢飛びを得ることができるようになり、シャフトに求められるスペックが”減少”したことによって、2万円に満たないシャフトでも世界大会で優勝することができるようになり、この度、同価格帯のプロコンプシャフトをイーストンが販売したことで、この流れを大手も追随することになります。

個人的には、まだイーストンは競技用のシャフトの価格帯の維持のために、この価格帯には参入しないと思っていましたが、対策が意外に早く少しびっくりしています(*)。イーストンの本流のX10プロツアーの半額程度のシャフトで世界大会でメダルを獲得できることを、高価格シャフトの盟主のイーストンが証明していいのでしょうか…。

*自社カタログでX10プロツアーとPro compをどう差別化するかが一番気になります。

今後、2万円の競技用シャフトの中での違いは、オールカーボンシャフトとアルミコア/カーボンシャフトのどちらに優位があるかという話になるかと思います。現在この価格帯で最もグレードの高いカーボンを使用しているのはParagonですので、今後、Pro Compを比較対象として考えることで、違いを考えていきたいと思います。

スカイロンはマーケティングに現状全く費用をかけていないので、トップ選手が使用する事はないと思います。ただ、提供するということは、その費用は製品価格に上乗せされることになるので、マーケティングに多く費用をかけない方針には賛同します。

*上の写真はイーストンのマーケティングプログラム(EASTONと書かれたボード)。イーストンのシャフトを使用して大きな試合で勝つと、賞金が支給される。この場合は優勝で12万円。CXなどの他社も提供しているが、アバロン、スカイロンはプログラムとしてありません。


The following two tabs change content below.
Ryo

Ryo

山口諒 - JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、2014年コンパウンドに転向、2018年よりベアボウに挑戦中。リカーブ・コンパウンド両方で全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。

2 thoughts on “スカイロン(SKYLON)シャフト正式販売開始します。

  1. とあるプロショップのブログに、スカイロンシャフトの性能がX10のスペックをすべて上回るというデータが出回っているという内容が投稿されていたのですが、そんな事は無いですよね……?(X10ユーザーです)

  2. おっしゃっている意味(データの種別)がわかりません。

    たとえば、(イーストンの中でも)X10とACCを比べても、ACCの方が性能が良い場合があります。これから、迎えるインドアの時期、X10とX23のどちらが性能が良いのかという議論はいまだに結論が出たという話は聞きません。

    どなたかが個人的にスカイロンを評価しているのであればよいことだと思いますが、任意の2つのシャフトの「データ」を比べることで、どちらが優れているか答えが出るという理論がまず存在しません。

    >上回るというデータが出回っている

    これがどういう事態かがわかりません。プロショップ間で「何かのデータが出回る」というイベント自体がないかと思います。私たちプロショップは代理店やメーカーとは連絡を取り合いますが、他のスカイロンのディーラー間の付き合いはないです(ライバルだし??)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。