マーケティングしないAAE、新しいスタビライザー完成してました。

2019年商品でよいと思います(笑)完成時期知らないので…。

AAE(アリゾナ)は本当に営業をしないので、新商品はほぼ自分で見つけるしかありません。久しぶりにサイトを確認したら、今年初めからトップアーチャーによって、プロトタイプのテストが進められていたHot Rods Advante x がもう在庫有りで、売られ始めているではないですか!!聞いてないっすよ。仕入れ値確認して発注します。

特徴としては、現在のトレンドである極細タイプのスタビライザーとなります。イーストンも新しく発表したし、どんどん増えますね。

また、昨年新しい出たハイブリッドベイン(EPとPMの両方の特徴を持つという意味)は、サイスが3種類だったのが、HY-16/1.85 Shield/2.0 Shield/23/XB(クロスボウ用)と5サイズ増加します。どのサイズを在庫するかは少し相談して決めたいと思います。

また、AAEは近年カタログも作っていないので、この後2019年ラインに向けてまとめての発表はこれからもいと思います。


The following two tabs change content below.
Ryo

Ryo

山口諒 - JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、2014年コンパウンドに転向、2018年よりベアボウに挑戦中。リカーブ・コンパウンド両方で全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。

8 thoughts on “マーケティングしないAAE、新しいスタビライザー完成してました。

  1. 記事と関係ありませんが、キネティックのエンバーは取り寄せ可能でしょうか?
    あとただ個人的に気になっていることですが、エンバーのセンターブッシングが過去のhoyt同様低い位置にありますが、この位置にあることによるメリットデメリットは何かありますでしょうか?

  2. はい、できます。12000円です。

    低価格のハンドルは低ポンドで使用されることが多いので、センターブッシングが高い場合は長距離で使用すると、センタースタビライザーがサイトを遮り、エイミングが不可能となります。ですので、性能とは違う視点での設計かと考えます。

  3. 横からすみません。
    エンバーハンドルの価格ですが、12,000円で合ってますか?
    22,000円ではなく?

  4. 下記のスペックのKINETICのハンドルですよね?
    GONEXOハンドルより少し上のモデルです。税込み・送料込みで12000円、すでに希望されたお客様に納品したこともあります(なので見たことはあります、個人的にはグリップに少し癖あるかなと)。

    FORGED EMBER
    6061 Aluminum alloy
    – Length: 23″
    – Direction: RH or LH
    – Weight: 1020 gr.
    – Fitting: ILF
    – Features: Machined forged riser, with limb alignment system
    Anodized and polished colors

  5. AAE繋がりでさらにすみません。

    EMBERは、23インチハンドルなので、同じKINETICの

    HANDLES CNC NOVIUS
    – Length: 25″
    – Direction: RH or LH
    – Weight: 1140 gr.
    – Fitting: ILF
    – Features: 6063-T6 aluminium alloy CNC riser
    の特徴(中級者用?上級者用?)や値段など教えてください。
    また、生涯補償が着くのでしょうか?

    – Machined extrusion riser

    – Easy to use limb alignment system

    – Fits any ILF limb on the market

    – Wooden grip

    – Anodized and polished colors

  6. EMBERですが、STYLIZEDの23インチ版ではないのでしょうか?
    性能に違いがあるのでしょうか?

  7. >– Features: 6063-T6 aluminium alloy CNC riser
    の特徴(中級者用?上級者用?)や値段など教えてください。

    価格は少し高く14000円です。

    特徴といわれても…という感じです。

    1万円のグラスリムをどう評価するか。

    という記事を以前に書きましたが、このあたりの1万円前半のハンドルはいくつかありますが、どれほど違うかと言われても、(同価格帯を比べた時)性能には大差ないとしか言えません。まぁ、デザインは見たまま違うし、重さも違いますので、そのあたりで判断していただくことになります。

    中級者用がどのレベルかわかりませんが、6063のCNCなので、スパインでいえば、700番程度まではある程度安定していると思います。少なくとも、500番より高い負荷での使用には適さないと思います。なので、男子リカーブでは中級者での使用は厳しいと思いますが、低ポンド女子選手であれば、問題ないレベルかと思います。重さも軽いので。

    >また、生涯補償が着くのでしょうか?

    ホイットレベルのものであれば、つきますが、この価格のものでは使うことはあまりないかと思います。保証は1年間です。弊社での保証です。1年を超えると、メーカー保証ですが、その場合は送料はお客様負担となります。この1キロ強のハンドルで、8000-10000円(お客様の住所から交換してお客様の住所までの送料計)くらいなので、買い換える方が多いです。2-3万円のハンドルであれば、メーカー保証は意味がありますが。もちろん、お客様が希望されるのであれば、手続きはします。

  8. ん、どうでしょうか、個人的にはカーテルのミダスに近いのではないかと思います。写真載せておきます。右側がミダスです。性能の違いに関してはNOViUSのコメントをご参考ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。