インサイドアーチャーの第二版(英語)届きました。

大分遅れましたが、本日到着しました。ぱっと見安っぽい感じですが、出版側としてはサイズを小さく、ソフトカバーにして、読みやすくしたかったとのこと。実際値段も64ドルから39ドルと安くなっているので、写真集ではなく、技術本なので良い変更かと思います。


中身ですが、根本的な変更はないようで、(写真上が第二版)写真の入れ替えや、写真・および・解説の追加が基本的なアップテートです。ページ数としては30ページほど増えています。

英語版販売の予定はありません、店舗には第二版を1冊置いておきます。


The following two tabs change content below.
Ryo

Ryo

山口諒 - JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、2014年コンパウンドに転向、2018年よりベアボウに挑戦中。リカーブ・コンパウンド両方で全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。

5 thoughts on “インサイドアーチャーの第二版(英語)届きました。

  1. 質問です。
    現在コンパウンドをやっているのですが、dループとノッキングポイントの位置を変えることになり、ノッキングポイントの糸を探していますがどの様な物が良いのでしょうか?
    記事に関係のない質問ですみません。

  2. お教え頂きありがとうございます。
    ノッキングポイントの糸は原則どのような物でも良いのでしょうか?

  3. ノッキングポイントには高い耐久性は求められませんので、通常の好み、または余っているサービング糸でよいかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。