エリート(ELITE)アーチェリー 2018年はいい感じのバランスです。

昨日、エリートアーチェリーの2018年ターゲットボウラインナップが発表されましたが、かなりいい感じです。

一番の目玉は、ターゲットで多くの実績を起こしたビクトリーの次世代モデルビクトリーXが登場するのですが、このモデルの凄いところは塗装などのオプションを省いて(3色のみ)大量生産することで、素材などは以前のものと同じグレードのものを使用しながら、価格を抑えてた事です。その他の違いとしては、ダウンセンターブッシングの廃止と、リムセーバーが別途購入となります。

まだ、新しい価格決めていませんが、アメリカの大手代理店ランカスターさんは849ドル(約9万6千円)で価格を提示しています。アメリカと違い弊社では日本までの送料を含めた価格にする必要があるので、まだ決められていませんが、世界大会で実績を多く持つ弓としては、かなり低価格で提供できる弓になります!

近年競技用ターゲットボウの価格は(円安の影響もありますが)どんどん高くなっているので、非常によく選択肢をエリートは提供してくれたと思います。

次に、レボル(Revol)に変わって、エリートのスプリットリムモデルで、初めて37と39インチのアクセル間を持つエシェロン(Echelon)が登場します。26.5インチからしか選択できませんが、37インチモデルで330fpsと十分にスペックです。新しい機能としては、従来のリムストップだけではなく、ケーブルストップ設定が可能で、そのケーブルストップのサイズも3つの大きさから選択でき、感覚を変えられます。

また、ケーブルガードは2軸調整可能なものが導入され、バーの先端を中に入れるか離すかだけではなく、バーの位置自体をストリングに近づけか離すかの調整も可能となります。ビクトリーではその調整はバーを回すことで行うので、バーの上下も変わってしまいますが、この新しいシステムでは上下の位置をそのままに調整が可能となりました。

以上、エリートの2018年ターゲットモデルです。

また、あまり問い合わせありませんが、ハンティングモデルはATAで発表するそうです。自分が愛用していたエナジー35は今年もラインナップに残りました!!

今夜、ボウテックの発表がある予定です。

今年は10日WA最初のインドアトーナメントがあるので、各社それまでに発表しないと、という感じであわただしいです。


The following two tabs change content below.
Ryo

Ryo

山口諒 - JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、その後コンパウンドに転向。リカーブ・コンパウンド両方で全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。