イーストン(EASTON) 2018年は特に何にもない。。

イーストン(EASTON)の2018年カタログがサイトでダウンロードできるようになりました。特に発表がなかったのは特に発表するようなことがなかったからです。

変更点としては、

・チャートが更新されてスーパードライブ23がチャートで選択できるようになったこと
・トライアンフとファットボーイが生産終了
・ディープシックス(Deep Six)ノックの色が増えて、ターゲット側のシャフトカタログに載った(昨年までは一覧表記のみ)
・3Dスーパーノックに新色

です。アウトドアシャフトに変更はありません。

本当これだけです。

イーストン(EASTON) 2018 カタログ(28MB)

まだ、代理店にはトライアンフの在庫まだあります。ご検討の方のために旧チャートここに置いておきます。オンラインショップではすでにチャート更新済んでいます。


The following two tabs change content below.
Ryo

Ryo

山口諒 - JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、その後コンパウンドに転向。リカーブ・コンパウンド両方で全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。

10 thoughts on “イーストン(EASTON) 2018年は特に何にもない。。

  1. 記事とは関係ありませんが、23インチハンドルで1~2万円台の物(取り寄せ含む)って何かありますか?

  2. 取り寄せとなりますが、KAP(WIN系列)のチャレンジャーなどがございます。右用で青の在庫がございます。価格は8800円です。その上だとフォージドになります。

  3. 返信ありがとうございます。
    こちらのハンドルはセンター調整機能はありますか?

  4. 記事は無関係ですが、今WINSTORM2リムを使っており、50m・30mで650点ぐらい出せるようになりました。
    ステップアップしようと部のEXTREMEリムを使ってみたのですが、固くて使いにくいです。
    柔らかく遅いリムの方が射ちやすく点も出るのですが、矢速はやはりあったほうが良いような気がします。
    柔らかく早いリムが欲しいのですが、アドバイスいただけないでしょうか。

  5. >ステップアップしようと部のEXTREMEリムを使ってみたのですが、固くて使いにくいです。

    同じポンドでしょうか?自分もそのリムを3年ほど使いましたが、サミックの同上位モデルのマスターズに比べると柔らかかった記憶があります。

    >柔らかく遅いリムの方が射ちやすく点も出るのですが、矢速はやはりあったほうが良いような気がします。

    予算がわかりませんが、ウィンストームと同じウィン系のリムで上がっていく方が感覚も変わりづらいので、EXパワーなどが妥当ではないかと思います。

  6. センター調整機能の件、ご返答ありがとうございます。
    その他以前の記事で23インチハンドルの候補としてカーテルのMPSハンドルが取り上げられていましたが、こちらは値段含めフォージドと性能は変わらない感じでしょうか?

  7. ご返答ありがとうございます。
    生産終了でしたか…現状23インチでセンター調整機能があって安価なのはフォージド以外では何か候補はありますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。