ROLAN CAMBIUM

今回はRolan(ローラン)から発売されているコンパウンド入門用弓「Cambium(カンビウム)」のご紹介です。


ローランのコンポジット(繊維強化プラスチック)ハンドルを採用した、コンパウンド入門用弓としてこの春登場しました。

独特のリム形状でアクセル間(カム軸からカム軸まで)が35.6インチ
重さは実測値で約1.5kg
ブレースハイトは7.25インチ
ドローウエイトは約24ポンド
ドローレングスは31インチまでとなっております。

取り扱いは右ハンドルのみです。左ハンドルについては店舗までお問い合わせください。
色は在庫している黒/グレー以外に、黒/緑、緑、オレンジ(右のみ)があります。

ドローウエイトが約24ポンド、と言うのは実は個体差がややあるようで、およそ24ポンドぐらい、と思っておいた方がよさそうです。
ポンドはリムボルトを緩めることで落とすことができます。

リムボルトは緩めると約10回転で抜け落ちるので、安全を期して4回転ぐらいまでがよいでしょう。
フルで締めこんで24ポンド、4回転緩めて約18ポンドになります。

ドローレングスはカタログ上では「31インチまで」となっていますが、実際はトゥルードローレングス(ノッキングポイント~ピボットポイント)での実測値で30インチまでとなっています。
ちなみにDループを装着しなくても、トゥルードローレングス30インチ以内でタブやグラブを用いて撃つことはできます。

樹脂レストが付属(装着済)しますので、取り急ぎCPレストの準備は不要です。
のちのちこのレストを外せば通常のCPレストが装着できます。


サイト取り付けネジ穴もありますのでサイト装着もOKですね。

グリップはローランのコンポジットハンドルと共通で、丸みの帯びたRCのグリップに似た形状です。
センターロッド取り付け穴も当然ありますのでご心配なく。

この弓は「ノーレットオフ」タイプの弓で、引き始めからフルドローまで一定のポンドで引くことになります。ポンドの変化がありません。
つまり、CP特有のフルドロー時の「ガクッ」と軽くなる感覚が全く無いのです。
かと言ってRCのように引き始めから徐々に重くなっていくのでもありません。
設定が24ポンドだとしますと、引き始めからずーっと24ポンドのままなのです。
そしてこのカムにはドローストップがありません。
腕の長さが違う人が引いたとしても同じように撃てるわけです。
ただし前述のとおり、カムの構造上トゥルードローレングス30インチで止まってしまいますのでご注意を。

このタイプと同じ方式の弓で既に広く知られているのが「ジェネシス」です。
これと同じである、と説明すればお分かりいただける方も多いかと思います。
*ちなみにジェネシスはワンカムシステム、カンビウムは2カムシステムです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
この弓は入門用としてこれからコンパウンドを始める方にとって自身の最適な引き尺がまだわからない段階において、ドローストップのついたカムを搭載した一般的なCP弓と違い、自由な弓き尺で引けるので、初心者にとって最も大事な「射形の構築」に大きく寄与します。
その後、自身の最適なドローレングスが何インチなのかが見えてくれば、通常のカム(ドローストップあり)を搭載したCPボウに乗り換えればよいでしょう。

カンビウムは協会やクラブ・チームで1台あれば皆で使いまわしが出来る融通の利く1台ですね。

一方で、「じゃあこの弓は中~上級者には関係ないか」と言えば案外そうでもなさそうです。
この弓はドローストップが無いために好きなだけ引ける訳ですが、時に中堅からベテランさんでもご自身の弓の引き尺が現時点において本当にあっているのかどうか迷う時があると思います。
そんな時、この弓を使ってドローイングをし、自身がイメージする射形を取ってみるのです。
*可能ならドローレングスアローを使用すると分かりやすく数値を知ることができます。
するとどうでしょう。
意外と引けていなかったり、あるいはもっと引いているかもしれない事実に気づくかもしれません。
そうやって現時点におけるご自身の最適な引き尺の再確認をする良い機会にもなると思います。

また、トリガーレスリリーサーを使用するベテランさんはこの弓を使って撃ってみることをおすすめします。
通常のCPボウはフルドロー時「ウォール」と呼ばれる引きどまりに当たることで、このウォールを強く意識したリリースを行っていると思います。
ところがカンビウムはウォールがないので、正しい指先の荷重移動とかかり具合、またきちんと肘から肩甲骨に繋がる一連の回旋運動が出来ていないとずっと引き続けるだけでいつまでたっても発射できないのです。
ただし、指先をこねるような動きですと簡単に撃てます。
がしかし、技法としてはアリですが能動的に指を動かすことになるので再現性や一定性にはやや欠ける為、「場面に応じて使う技術」として留めておく方が良いでしょう。
肘から背中にかけての伸び合いでトリガーレスリリーサーを撃てるようになるヒントを得るにはこの方式の弓(カンビウムやジェネシス)はうってつけの“教材”になるでしょうね。

ローランのカンビウムは店舗およびオンラインショップで販売中ですヽ(^o^)丿


The following two tabs change content below.
Yamada

Yamada

山田ヒロ - JPアーチェリー大久保店 店長。主にコンパウンドを担当。元日本記録(コンパウンド70mW)保持者。 連絡先 cp_okubo@archery-shop.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。