ボウガン(クロスボウ)競技の講習会に行ってきました。

%e3%83%9c%e3%82%a6%e3%82%ac%e3%83%b3%e7%ab%b6%e6%8a%80%e4%bd%93%e9%a8%93日曜日、池袋の豊島区総合体育館で行われているボウガン(クロスボウ)競技の初心者講習会に行ってきました。ボウガンというと、アメリカなどで販売されているおもちゃ、初心者向けのモデルが日本の(なぜか)護身用グッズショップで販売されていて、そのイメージが大きい方もいらっしゃると思いますが、アーチェリー同様、おもちゃもあれば、ハンティング用、ターゲット競技用の精密射撃モデルも存在します。

lbg%e3%82%af%e3%83%ad%e3%82%b9%e3%83%9c%e3%82%a6写真は現在生産されているフランスLBG社のものです。値段はアーチェリーの上位モデルと同じ20万円同じくらい。アーチェリー関係メーカーでは、ボウテックグループのエクスカリバー社が競技用(IAUルール規準)モデルを作っていたり、ボーダー社が業界のデファクトスタンダードである、スピリットマウント対応カーボンリムを製造していたりと、アーチェリーから遠くない世界でもあります。

ハンティング用との違い(競技団体IAUルール)は、ポンドの上限が95ポンドであったり、倍率レンズの禁止、パワーストローク制限、リカーブリムでなければならない、矢の直径は7.7mmまでと、多くの制限があり、コンパウンド同様、主に出力を制限し、安全ではないハイパワーモデルの使用を制限するものです。ハンティングモデルの場合はそういった制限はなく、上位モデルは相当なパワーがないと扱えないものになります。

%e3%83%9c%e3%82%a6%e3%82%ac%e3%83%b3%e7%ab%b6%e6%8a%80%e4%bd%93%e9%a8%932(30m 40cmインドア的 ACCシャフト使用)
説明を受け、練習をした感じでは、セッティング、チューニングはかなりアーチェリーと共通のものがありますが、シューティングは全く違うものです。エイミング時に弓を引いているわけではないので、弓の力のバランスではボウガンを安定させることができず、利用できる力は弓の重さだけです。弓を自分の体の姿勢に合わせてカスタマイズし、密着させ、弓の重量をいかにしてリラックスして受け止めつつ、その力で体を安定させる技術が必要で、リカーブとも、コンパウンドとも全くの別ものでした。

ホイットの創業者の方がクロスボウ(ボウガン)とアーチェリーとは別の楽しみであると言っていた理由は何となく理解できました。

HOYTの創業者 Earl Hoyt Jr. インタビュー

ボウガンをやっている方のお話を聞くと、アーチェリー側の理解がもう少し進むといいなと考えます。ボウガン選手がアーチェリーの射場で練習ができない問題があるそうです。これは正直、お互いの理解の問題だと思っています。競技用ボウガンは規制値が95ポンドに制限されていて、パワーストロークも短いので、30mでのパワーはリカーブで35-40ポンド程度の威力しかありません(*)。危険ではなく、畳を痛めたりするようなものではありません。

*90ポンドモデルでレーティングは220fps

ハンティング用の380fps(280ポンド)とか、そんなスペックのものは当然公共の射場で使用していいものではありませんが、競技用の低ポンドのものは使用できるようになってもいいのかなと思います。ただ、リカーブ・コンパウンドよりは横にスペースを使用するので、狭い射場では物理的に難しいでしょう。一番の課題は射場管理者がボウガンの競技用モデル/ハンティングモデルについて理解を深めることだと思いまず…触ったことがない人が見てもどれがハンティング用でどれがターゲット用かは見分けられないので、一様に拒否されているのが現状なのでしょうか。残念です。

非常に面白かったのでもう少し深堀したいと思っています。

記事を読んで興味を持たれた方は下記の連絡させに問合せください。

東京地域(豊島区総合体育館)では第三日曜日に初心者の講習会を行ってくれています、10-12時の2時間で2,000円です。弓は無料で貸出してくれます。また、上限が95ポンドというだけで弓は30ポンド台もあるので、女性でも苦労することはないです。申し込みは2日前までにご予約をください。

日本ボウガン射撃協会 様
jpn-xbow@mx7.ttcn.ne.jp


下記のサイトを参考にしました。

ボウガン射撃チーム弓友会のホームページ
http://www.geocities.jp/kyuyukai_e/


The following two tabs change content below.
Ryo

Ryo

山口諒 - JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、その後コンパウンドに転向。リカーブ・コンパウンド両方で全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。

4 thoughts on “ボウガン(クロスボウ)競技の講習会に行ってきました。

  1. 比較的低威力のターゲット競技用ボウガンがあるとは知りませんでした。面白そうです。
    文中の「パワーストローク」とは、リカーブのドローレングスのことでしょうか?

  2. IAUボウルール
    面白かったです!

    アーチェリーの場合は引き尺は個人的なものですので、どれだけ引いてもルールでは規制されませんが、クロスボウはどれだけ引くか弓の設計時に自由に決めることができるので、設計上ブレースから300mm(11.8インチ)までしか引いてはいけないというルールがあります。

  3. はじめまして。
    12月18日に豊島射場に協会年会費の更新手続きに行った際、山口さんが練習に来ていることを協会事務局のS氏から知らされました。
    更新手続きを済ませて直ぐに帰ってしまったので、お会いしてはいませんが、ここのURLを教えてもらったので訪問させたいただきました。

    クロスボウの326-1図について補足します。
    図には数値が書かれていませんが、ドローレングス(弓の取り付け位置後端からフックまで)は14インチ以内で、クリーンドローは図のように30cm以内です。

  4. スギヤング様。

    運営されているサイトにはかなりお世話になりました。ありがとうございます。

    補足ありがとうございます。年末年始にジョン・クラークさんに送ってもらった資料でさらに勉強させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。