この記事は2016年10月21日に書かれたものです。1年以上前の記事は内容が書かれた当時とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

スコットからシグマ(Sigma)リリーサーが入荷しました。

scott_sigma_archeryスコットから新規の入荷があり、8月に発表されたスコットの新型ヘビートリガーリリーサー、Sigma(シグマ)が入荷しました。生産が終了したエクサス(Exxus)リリーサーの後続モデルとなります。

SCOTTから新型のトリガータイプのリリーサー、シグマが発表されました

本日より販売開始します。

Scott シグマリリーサー


The following two tabs change content below.
Ryo

Ryo

山口諒 - JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、2014年コンパウンドに転向、2018年よりベアボウに挑戦中。リカーブ・コンパウンド両方で全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。

6 thoughts on “スコットからシグマ(Sigma)リリーサーが入荷しました。

  1. 記事と関係のない質問で申し訳ありません。
    wiawisウッドリムはprimeの上位互換なのでしょうか?

  2. 同じく記事と全く関係の無い質問ですみません。
    現在WINEXハンドルを使用しており、新たに買い替えの際に、HOYT社のGMXか、MK社のX10のどちらかにしようと思っております。 アルミハンドルを使っていたため、このどちらかにしようと思うのですが、GMXとX10において、大きな違いなどありましたら教えていただけるでしょうか。 よろしくお願いします。

  3. GMXはなくなりましたので、在庫のものか、新商品(HOYT Epik)をご検討ください。

    また、Epikは近く入荷しますので、そのレビュー後に、再検討されてみてはいかがでしょうか。

    GMXとMKX10の一番の大きな違いは実績です。GMXは販売開始時から安定した品質でしたが、MKX10は弊社では2本クラックで交換しています。

    性能面ではグリップの形状と剛性(MKX10のほうが高いグレードのアルミを使っているのですがクラックが発生するのもMKX10)などが大きな違いとなるかと思います。

  4. 大きく感じる違いはないような気がしますが、プライムのほうが引きはかたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。