この記事は2016年7月17日に書かれたものです。1年以上前の記事は内容が書かれた当時とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

チューブピープを作ってみよう

当店ではチューブピープ「Peep’n Tom」を販売しておりますが、スペシャリティーからの新商品は、既にお持ちのスペシャリティーピープをチューブピープに改造できるキット「スペシャリティー・ピープシェード」が発売されました。
20160716_174506

今回の内容は、その取りつけ(装着方法)を沢山の写真と共にご紹介します。

【重要】
チューブピープの作成には、温度設定ができるオーブンか、ライターなどの火気が必要です。

まずお手持ちのスペシャリティーピープをご用意ください。
20160716_174611
ピープインサートは外しておいてくださいね。

キットに付属しているツールに差し込んでセットします。
20160716_17471120160716_174731
写真のようにネジが切ってある方(インサートを入れる側)を下にしてさします。

20160716_175042
次にもう1本のツールをさして・・・・・

20160716_174814
こんな感じにセットします。

余談ですが、スペシャリティーのピープハウジングの下側に“ドット”が打ってあります。
20160716_175210
このドットが目側の下に来るんですが、写真の通り1個と2個でそれぞれが何度かを示しています。

確認です。
20160716_175248
この写真のようにハウジングをセットしてください。

次にシュリンクチューブを差し込みます。
20160716_175904
20160716_17485420160716_174919

差し込むときの注意点が2つ。
・いっぱい下までシュリンクをかぶせる事。
・あとで出来上がったチューブピープをストリングに挟む際、ストリングが通るハウジングの溝がどこに来るのかを認識すること
上記2点に留意してシュリンクを差し込んでください。

さて、ここからが本番です。
キットの説明書≪Step3≫で、シュリンクチューブをセットしたものを250度のオーブンで5分焼きます。(温める?)とあります。
250度と言う温度の指定がありますが、上限下限が特に記されていません。
失敗を避けるためにも250度の設定ができるオーブンで作業を行いましょう。
説明書では、「もしくはライターの火であぶりましょう」ともあります。

ここではライターの火であぶってみます。
20160716_180257
火の当て方を探ってみると遠火だとは指が火傷します。トングでつかんであぶっても見ましたがライターでは火力が弱く中々収縮しません。

と言う事で結果的に・・・
20160716_180430
火柱の“根っこ”あたりで、1カ所に連続して火を当てないようにしつつチューブを回しながら素早くサササッとあぶります。

かといって欲張るとこうなります。。。。orz
20160716_180554

もちろん、このシュリンクだけ(4個入)の販売もあります。あわせてどうぞ。

程よく収縮したら作業をやめて、あとはしっかり冷やします。
20160716_180610
あぶった直後はシュリンクも柔らかい状態なので、ツールを引き抜くのは十分冷ましてからにしてください。でないと形がおかしくなり崩れてしまいますからね。

冷めたところで出来上がったチューブピープの取り付けです。
20160716_183300

説明書では「取り付けたらピープハウジングの中央の溝を利用してぐるっと必ず縛りつけてください」とあります。
こんな感じです。
20160716_183755
一般的なピープ上下の縛りつけは特に必要なさそうですが、気になる方は念のために行っても良いかと思います。

縛りつけ方の判りやすい動画がスペシャリティーのYoutubeチャンネルにありますので併せてごらんください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
先に発売開始をした「Peep’n Tom」と比較してみましょう。
20160716_184035

今回のチューブピープの出来上がり長さが16ミリ。
20160716_182617

対して、「Peep’n Tom」は約19ミリ。
20160716_184902
約3ミリの差があります。

次に重さです。
20160716_185107
約12グレインです。
一方の「Peep’n Tom」は約11.3グレイン。
ほぼほぼ変わりませんが、一体物と言う事で、やや「Peep’n Tom」の方に軽さの軍配が上がりました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
がっつりチューブピープで行くぞ!!って方は「Peep’n Tom」がお勧めですが、気軽にチューブピープにしてみたい!と言う方はこちらの方がいいですね。

スペシャリティー・ピープシェードは店舗およびあちぇ屋CPで販売中です(^o^)丿


The following two tabs change content below.
Yamada

Yamada

山田ヒロ - JPアーチェリー大久保店 店長。主にコンパウンドを担当。元日本記録(コンパウンド70mW)保持者。 連絡先 cp_okubo@archery-shop.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。