この記事は2016年6月20日に書かれたものです。1年以上前の記事は内容が書かれた当時とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

キネティックのハロ(Halo)ダイキャストハンドルが入荷しました。

DSC_1631キネティックのハロ(Halo)ダイキャストハンドルが入荷しました。いい仕上がりだと思います。ダイキャストという製法は剛性を出すのが難しいとされていて、現在上位モデルには採用されていませんが、材料に無駄がないので(NC製造は削った金属の分もコストとなる)低価格で製造でき、かつ、デザインの自由度が高いのが利点とされています。

DSC_1633メーカーによれば、HALOハンドルの1番のウリは塗装の完成度。確かに実物を見てみてと塗装の品質は1万円台のハンドルとは思えない、上位モデルとの差がほぼ感じられないほどです。

DSC_1634リムポケット、調整方法は一般的なタイプです。

低価格モデルで塗装にもこだわりたいのであれば、かなりおすすめの1本です。


The following two tabs change content below.
Ryo

Ryo

山口諒 - JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、2014年コンパウンドに転向、2018年よりベアボウに挑戦中。リカーブ・コンパウンド両方で全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。

2 thoughts on “キネティックのハロ(Halo)ダイキャストハンドルが入荷しました。

  1. グリップがWINEXの物とそっくりですが、互換性はありますか?
    あと23インチもありますか?

  2. 23インチモデルはありません。左用は作るようですが、生産が始まっていません。

    グリップですが、わずかにWINEXのほうが細いです。なので、ハロのグリップはWINEXのハンドルにねじで止めることはできますが、その逆、WINEXのグリップをハロに使うことができません。

    ハログリップ → WINEXにもつく
    WINEXグリップ → ハロにはつかない

    となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。