この記事は2016年5月28日に書かれたものです。1年以上前の記事は内容が書かれた当時とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

早い!早すぎるぞ、ダイヤモンド2017 EDGE SB-1 発表

edgeSb2日本時間の本日、ダイヤモンド(ボウテックのブランド)が早くも2017年モデルの弓、EDGE SB-1を発表しました。2016年新モデルのPRISMの入荷から1か月…まだ、2016年も5月なのですが…早すぎるだろ。

edgeSb15万円前後(アメリカの小売価格449ドル)の低価格モデルで、ドローレング15-30インチ、ポンドは7-70ポンドまでの幅広いレンジに対応したモデルです。矢速は318fpsでバイナリーカム搭載と、スペックはかなりFUELと似通っているものとなっています。

13268388_1342947149054875_2523782421966263919_oまだ、見ていないので正式な判断ではありませんが、単色高性能=FUEL、多色ローコスト=PRISM、多色高性能=EDGE SB-1といった差別化になるかもしれません。

入荷日程届いていませんが、1台はテスト入荷する予定です。


The following two tabs change content below.
Ryo

Ryo

山口諒 - JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、2014年コンパウンドに転向、現在はベアボウにも挑戦中。リカーブ・コンパウンド両方で全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。