この記事は2016年2月24日に書かれたものです。1年以上前の記事は内容が書かれた当時とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

EASTON(イーストン) 2016Newクイーバーが入荷

EASTONのクイーバーでこれまでの「QF-50 フィールドクイーバー」が廃盤となり、2016年Newデザインとなって生まれ変わりました。
2種類のラインナップとなっています。
・イーストン エリートフィールドクイーバー
・イーストン デラックスフィールドクイーバー

それぞれの違いは、、、、本体を構成する生地の違いとベルトの付属有無です。

サイズ、重さ、使い勝手は特に大きな違いはありません。

まずは外観です。ちなみに一番右は特価品に回ったQF-50フィールドクイーバーです。
20160223_151012
裏面です。
20160223_151215
見ていただくとわかりますが、アローポケット部分の深さ、全体の丈、幅は同じなのがお分かりいただけると思います。
ただ裏面にT/Lゲージを挿す穴がこれまでのQF-50が隅っこにあったのがセンターに来ました。

表面のファスナー、ポケットなどのレイアウト・アレンジはQF-50をほぼ引き継いでいます。

それぞれの生地のアップです。

まず「エリート」
20160223_151422
次に「デラックス」
20160223_151431
ちなみに廃盤となりますが「QF-50」
20160223_151435

エリートの生地はポリウレタン系の合成皮革で、高級感・重厚感にあふれています。
付属のベルトも統一感のある配色となっています。
またベルトの留め具(バックル)は軽さと着脱の手軽さが売りのコブラバックルに変更されました。
長さの調節はベルクロバンドになっています。

「デラックス」はヘビーナイロン系の生地でQF-50と同じ耐久性・耐水性の高い素材です。
コチラにはベルトは付属しません。ご承知置きくださいね。 

矢をしまうコンパートメントですが、これまでの一体形成品だった“入り口”が、ビスとロッドによる仕切りになったため、4区画を好みの配置にする事が出来るようになりました。(写真右側。左はQF-50)
20160223_151130

基本構造は同じですが、使い勝手が向上し、さらに「エリート」は高級感のあるクイーバーになっての登場です。

この機会に新調してみてはいかがでしょうか(^o^)丿


The following two tabs change content below.
Yamada

Yamada

山田ヒロ - JPアーチェリー大久保店 店長。主にコンパウンドを担当。元日本記録(コンパウンド70mW)保持者。 連絡先 cp_okubo@archery-shop.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。