この記事は2015年11月7日に書かれたものです。1年以上前の記事は内容が書かれた当時とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

BEMAN 2016 … ついにターゲットから撤退か

2016ビーマントップビーマン(Beman)の2016年が発表されましたが、今までになかった高精度のハンティングモデルが追加されたかわりに、ラインナップからターゲットモデルがすべて消えました。

なくなったのは

Carbon Flash – レジャー用モデル
Carbon Diva – 大口径低価格インドアモデル
Dead Ringer – 大口径軽量モデル 3D/インドア用
Speed 3D – ハイスピード軽量モデル 3D用

の4つで、カーボンフラッシュは日本でもいくつかのショップが取扱いしているシャフトです。以前にはターゲットの世界で活躍していたビーマンですが、ついに完全にハンティングシャフトメーカーに変わるようです。残念ですね。

Beman Archery 2016 (PDF 8.6MB)
https://beman.com/wp-content/uploads/2015/10/Beman-2016.pdf


The following two tabs change content below.
Ryo

Ryo

山口諒 - JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、2014年コンパウンドに転向、現在はベアボウにも挑戦中。リカーブ・コンパウンド両方で全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。

2 thoughts on “BEMAN 2016 … ついにターゲットから撤退か

  1. SVLはまだ2016年ラインの発表をしていません。ラインナップに残れば再入荷しますが、継続するのか確定したことはまだ言えない時期です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。