この記事は2015年11月17日に書かれたものです。1年以上前の記事は内容が書かれた当時とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

マシューズが2016年ハイスピードモデルを発表

HTX-3Q-Black-53047-34916
マシューズが2016年ハイスピードモデルを発表しました。1つ目は現行のHTRを短く、軽量化したNo Cam HTX。ドローレングスが29インチまでなので、正確なIBO測定ができていませんが、カタログ値ではHTRよりも遅くなっていますが、実際にはよりハイスピードモデルです。1インチ短くなると10fps程度減るので、表示は326fpsですが、実質的には336fpsになます。HTRより2インチ短く、重さは4ポンドを切って3.99ポンド(1,809g)、ドローレングスは23インチ、リムのポンドは40ポンドから用意されています。

flatbackgripまた、グリップはHTR(フォーカスグリップ)とは違い、フラットなグリップが装着されています。

halon_5もう一つは、デュアルカムタイプの現行のモンスターシリーズWake(写真右)を軽くしたHalon(ヘイロン-写真左)。
halon_ヘイロン_マシューズ
アクセル間は30インチ、最もハイスピードのHalon5で353fpsになっています。
クロスセントリックカムカムには新設計のクロスセントリックカムが搭載されていて、理論上完璧なノックトラベルを実現するノーカムシステムをベースとして、引きはじめをより鋭角にすることで引き味とのトレードオフに高い矢速を実現したモデルです。

今回ターゲットモデルは発表されませんでしたが、ATAで新しい発表があると聞いています。もう少しお待ちください。


The following two tabs change content below.
Ryo

Ryo

山口諒 - JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、2014年コンパウンドに転向、2018年よりベアボウに挑戦中。リカーブ・コンパウンド両方で全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。