この記事は2015年9月18日に書かれたものです。1年以上前の記事は内容が書かれた当時とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

新しい取り扱いメーカー KINETIC エントリー向けコンパウンドを発表しました

11942152_992082417499471_8970093590061423057_o中国のメーカー、kinetic社。リカーブ用品などを作っているメーカーでチェックはしていましたが、2016年に向けて新しくコンパウンドボウを発表しました。

この弓Rave(レイヴ)の販売価格はまだ決めていませんが、5万円を切る価格で提供出来ます。アクセル間は32インチ、ブレースハイト7.5インチ、1800g、19-30インチの間で1インチごと調整、25-60ポンドモデルと20-55ポンドモデルがあります。

特徴は22.5インチのロングフォージドハンドルです。この価格帯で高品質のフォージドハンドルを使用しているメーカーはあまりありません。カムデザインではまだまだアジアのメーカーはアメリカに追いつけていませんが、リカーブハンドル製造の技術は高いので、この弓のようにハンドルで差別化する傾向にあります。塗装もアルマイト塗装を採用しています。どの程度のハンドルで仕上がってくるのか楽しみです。

テストするためにちょっと注文してみました。入荷後レビューしてみます。


The following two tabs change content below.
Ryo

Ryo

山口諒 - JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、2014年コンパウンドに転向、2018年よりベアボウに挑戦中。リカーブ・コンパウンド両方で全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。