この記事は2015年8月22日に書かれたものです。1年以上前の記事は内容が書かれた当時とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

ホイットがトラディショナルラインを集約してマイナーへチェンジ

hoyt_トラディショナルホイットがトラディショナルラインのリムを集約してマイナーへチェンジするそうです。

今までTiburonやBuffaloなど、弓によって違うリムを用意されていましたが、今後はすべて上記の「HOYT Traditional」というプリントのされた新しいリムになります。新しいリムの出荷はすでに始まっているとのことです。現行デザインのリムは在庫限りとなります。


The following two tabs change content below.
Ryo

Ryo

山口諒 - JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、その後コンパウンドに転向。リカーブ・コンパウンド両方で全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。

2 thoughts on “ホイットがトラディショナルラインを集約してマイナーへチェンジ

  1. WINEXとRCX-100は同じ価格で販売されていますが
    性能面ではどのような違いがあるのでしょうか。

    同じポンドで、他のセッティングもすべて同じだとした場合
    矢速、ねじれ剛性、振動の納まり、耐久性はどちらが優れているのでしょうか。

  2. >WINEXとRCX-100は同じ価格で販売されていますが
    >性能面ではどのような違いがあるのでしょうか。

    二つのモデルの開発時期には5年以上の差があり、28インチ引きではRCX-100のほうがすぐれています(耐久性は同等)。
    WINEXの売りはその実績で、発売から10年近くたつので、品質が非常に安定しています。新しいものよりも安定した実績があるものを好む方に選択されています。

    また、ドローレングスが短い場合には、WINEXのほうがすぐれているいう意見は昔からあります。
    こちらでテストする場合には基本28インチに設定していますのでデータはありませんが、
    ドローレングスが26インチ以下であれば、実績だけではなく性能面でWINEXを検討する価値もあるかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。