この記事は2015年3月23日に書かれたものです。1年以上前の記事は内容が書かれた当時とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

ダネージのチューニングターゲットフェイスが入荷しました。

DSC_0965ダネージ(Danage)のチューニングターゲットフェイスがついに入荷しました。

DSC_0967
ファインチューニング用です。同様のやり方は昔から+(プラス)チューニングやウォークバックチューニングとして知られていて、やり方としては的にビニールテープなどを貼って行ったり、自分でプリンタで的を印刷してやるのですが、ダネージでは競技用の耐久性のあるターゲットに使用されている素材にチューニング用のマークを印刷して、耐久性のあるチューニング用的として発売しました。

別にこのチューニング的を使うことで、より正しいチューニングができるということではありません。これまで知られているやり方でも、問題なくできます。この的のメリットとしては、紙に印刷したものは耐久性がないので、チューニング中にも頻繁に交換が必要で、ビニールテープを張った場合には、シャフトにビニールのかすがついたりします。そういうのが嫌な方、簡単にチューニングを行いたい方向けの商品になります。

DANAGE_tuning_targetface_JPこちらがチューニングガイド(日本語版)です

ちなみに、オリジナルの英語版はこちら(PDF)


The following two tabs change content below.
Ryo

Ryo

山口諒 - JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、2014年コンパウンドに転向、2018年よりベアボウに挑戦中。リカーブ・コンパウンド両方で全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。