Braden GELLENTHIEN選手はHushpukをフェイス側に装着

DSC_0177_hushpukワールドカップの写真を整理中。今回の試合のコンパウンド男子決勝で150点のパーフェクトスコアで優勝したブレイデン選手ですが、ディートン選手とは違い、ハッシュパック(Hushpuk)をフェイス側に取り付けています。
DSC_0605_hushpuk脱着は簡単にできますので、皆さんもいろいろな場所で試してみてください★


XS-wings ユーザー拡大中♪

10750265_10205713494259223_763500037469168752_oエリソン選手が使用していたのがきっかけで、弊社で9月から販売を開始したXS-Wingsですが、エリソン選手だけではなく、今回のバンコクでは使用選手がさらに広がっています。フェイスブックに今回撮影した写真全てを公開しているのですが、XS-Wingsのスタッフが全部見てくれてタグ付けしてくれましたw ありがとうございます。上の写真は591点で予選3位のリック選手。
10855003_10205713488739085_5289340665054885219_oそして、592点で予選2位のジンヘク選手もXS-Wingsを使用しています。
xsDSC_0014 (2)さらに、予選は6位(590点)だったものの、銀メダルを獲得したDong Hyun Gye選手も使用しています。韓国選手の間にも浸透していっているようです。来年度のアウトドアで楽しみです。


ワールドカップインドアステージ2 バンコク 結果報告

DSC_0219_blogワールドカップインドアステージ2バンコクより戻りました。写真が1500枚以上あるので、たまった仕事を整理してから分析します。
wa_2014_s2_indoor_cm
まず結果報告ですが、JPアーチェリーでは自分がコンパウンド男子の決勝進出、決勝は一回戦でディートン選手に146(30-29-29-29-29)対142(28-28-28-30-28)で一エンドだけ勝ったものの大差のぼろ負けでした。日本選手(コンパウンド男子)中では二位で、全体では26位でした。カナダチーム/デンマークチーム以外のトップ選手はほぼ参加している大会でこの結果なので、満足です。来季に向けて精進します。勝利したディートン選手はマイク選手に勝利して三位でした。おめでとうございます。

DSC_0387_mikeラリーワイズのコンパウンドシューティングの技術書「コアアーチェリー」の翻訳を担当した牧野は、一回戦でオン欄のマイク選手と対戦。150点のパーフェクトスコアを出され、150-141点で敗退。日本人選手では三位でした。
DSC_0016_合計点なし予選前半終了時。スコア素点しか書かず、合計点を書かなかったために、審判団に呼び出される7的の選手たち…おう。
DSC_0307_ando店舗スタッフの安藤が536点の63位で予選敗退。
IMG_20141205_214517_blue前日の古いタイ料理屋ブルーエレファントのカレーがスパイシーすぎたのが原因かもしれません。
DSC_0299_sakamoto通販担当の坂本は532点で68位。この余裕のある顔は何だったのでしょうか。

以上、結果報告でした。

Kanyavee_Maneesombatkul_JP_archery今回の大会で唯一メダル(女子コンパウンド3位)を獲得した地元タイの選手Kanyavee Maneesombatkulさん。最も盛り上がった対戦でした。有名選手だけではなく、これから伸びてくる選手と知り合うのも楽しいですね。


グリッパー(Gripper)アーチェリー到着してました。

DSC_0126ワールドカップに行く前日に代理店となったことを発表したGripperのシングルバー・Vバーが戻ったらもう届いていました。スウェーデンなのに早い!
DSC_0036
ワールドカップでは自分も決勝ラウンドまで残っていたので、出場選手の弓具チェックができたのは、1/4ラウンド以降でした。多くはチェックできませんでしたが、自分と同じ予選ラウンドを出場していた、ノルウェーのTJENTLAND Oddmund選手(590点で予選通過)とAAMAAS Njaal選手(588点で予選通過)が、こちらのメーカーのシングルバーを使用していました。

自動車などの設計で用いられる手法だそうですが(自動車には詳しくないので…分かりませんが)、普通のシングルバーが面同士で固定します。アメリカの高価格のものではギアのようなものを噛み合わせて固定しますが、このシステムの難点はしっかり固定できるようにギア(ギザギサ)を大きくすると調整できる角度が少なくなり、多くの調整幅を持たせるようギアを小さくするとしっかりとした固定のというコンセプトが達成しづらくなります。
IMG_20141208_140344
このメーカーでは写真のようにコーン状のロックシステムを採用しており、高精度の加工で接する面積を広くし、しっかりとした固定を確保しつつ、無段階調整を可能にするという革新的な設計になっています。
DSC_0420_rick基本的にはコンパウンド用です。リカーブでも、アメリカの選手や一部の韓国選手がコンパウンド用のVバーを使用していますが、その基準はサイドロッドの重さです。サイドが軽い(ウェイト2-3つ)場合はリカーブのVバーで十分です。自分の経験では6オンス(170g)以上から、ウェイト5-6個以上から、Vバーの固定能力が必要になってきます。写真のサイドは8オンス(226g)で、Vバーには1万円近いアメリカ製(ギア式)のものを使用しています。

本日より取り扱い開始します。


ワールドカップインドアステージ2 バンコク 決勝ラウンド – 最終日

DSC_0326昨日の予選ラウンド通過できました。バンコクまで来た甲斐がありました。

そして、何と対戦相手は、ルール改正後にゴールドチップのウルトラライトという新発想のシャフト(シャフト自体はフィールドの世界ではかなりの実績があるもの)を使って、ターゲットに挑み、ワールドカップのターゲットを制した、ディートン選手!!

そう、Hushpukも紹介してくれました。

DSC_0297ディートン選手はインドアでも大口径シャフトではなく、中口径に相当するゴールドチップのウルトラライトを使用。対して、自分はCXLなので…そこに期待して頑張ります。

試合は1時間半後に開始予定です。


ワールドカップインドアステージ2 バンコク コンパウンド男子1部、コンパウンド女子終了しました。

wa2014stage2_se1ワールドカップインドアステージ2 バンコク コンパウンド男子1部、コンパウンド女子終了しました。試合は8時開始。
wa2014stage2_se1_cw男子は現在進行中に2部を待って、最終結果となりますが、女子は確定結果が出ています。

DSC_0001
DSC_0016前半しくじりましたが、後半に少し挽回し、283-291で10位となりました。

現在行われている2部と合わせて、計32名の通過となります。

この記事を書いて、また会場戻ります。ボーダーだったときにシュートオフがあるので…。


ワールドカップインドアステージ2 バンコク 公式練習

DSC_0029_01現地時間は5時です。公式練習が終わりホテルに戻ってきました。

DSC_049312時から公式練習でしたが、会場は40分前に入りました。まだまだ準備中。
DSC_0498ポスターの前で記念写真を撮ったり、会場の近くにあるセブンイレブンに行ったりしてまったり。
DSC_0508写真は大会責任者のサイモンさん。立ち順表や要綱でお世話になったので、お土産を渡したら、何かのバッジをいただきました! ありがとうございます。
DSC_0511今回は安藤がメディアススタッフとし活動します。WAに事前登録していたので、あっさりとゲット。活躍してもらわなければ。
DSC_0041ツアー組の皆さんは15時あたりに会場入り。写真は東京ワールドカップ(2012年)のボランティアスタッフと、今回の運営スタッフの方との感動の再開シーン。運営の皆様お疲れ様です。

明日、コンパウンドの部は8時開始。早く寝ろというプレッシャーを感じております。ではでは。


ワールドカップインドアステージ2 バンコク 前日

IMG_20141204_235023JPアーチェリーからは3人で参戦。本日から公式練習ですが、前泊で前日に現地入りし、ムエタイを観戦してきました。

IMG_20141204_235835IMG_20141204_235436-SMILE試合は軽量級が中心で、リングサイド席の特典で、メインイベントの勝者と写真撮影できました。

ひざが決まった時に、「イー」と掛け声をかけることは理解できました。アーチェリーは今日からです。現在、現地は11時、12時から公式練習なので、そろそろ出ます。


新しいメーカー Gripper Archeryの日本初の代理店となりました。

95558-7d4c86e2dc35418e8947e9addf8a8b2f新しいメーカーですが、トップアーチャーを中心に人気になっている北欧のメーカーGripper(グリッパー) Archeryの日本初の代理店となりました。今年最後の新規パートナーとなると思います。

ジェシー選手や、アメリカのトップコーチのジョージ・ライアルズさんなどがお勧めしています。

1524854_1380319988893095_2080211620_nユニークな機構を持つVバー、シングルバーを開発しています。

メーカーの担当より、昨日最初の注文を発送したという連絡がありました。明日からバンコクに行ってきます。グリッパーアーチェリーの商品は届き次第詳細に紹介します。

では。

こちらはメーカー提供の海外のアーチェリー雑誌で行われたプロアーチャーのレビューです…英語です。