この記事は2014年12月12日に書かれたものです。1年以上前の記事は内容が書かれた当時とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

マシューズのモンスターシリーズに新しいハイスピードモデルが追加

Monster-Wakeマシューズがモンスターシリーズの新しいハイスピードモデルMonster Wakeを発表しました。352fpsのモデルで、チルなどに搭載されているツーカムシステムとNo Cam TRGのためにデザインされたハンドルをブレースハイト5インチ向けに再設計したハンドルを組み合わせた弓です。
mathews_monster_wake弓の重さは重めの5.38ポンド(2,440g)でハイスピードボウの中でも最も重いモデルです。レットオフは75%/85%で調整でき、ドローレングスは25-30インチで調整できます。アクセル間は35インチです。かなりマッチョな弓です。


The following two tabs change content below.
Ryo

Ryo

山口諒 - JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、2014年コンパウンドに転向、2018年よりベアボウに挑戦中。リカーブ・コンパウンド両方で全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。

3 thoughts on “マシューズのモンスターシリーズに新しいハイスピードモデルが追加

  1. マシューズのカムに付いているグレーの丸いパーツは何のためのものでしょうか?
    コンクエストにも付いています。


  2. >マシューズのカムに付いているグレーの丸いパーツは何のためのものでしょうか?コンクエストにも付いています。

    Perimeter Weighted Cam(ペリメーターウェイテッドカム)システムのことでしょうか。矢のリリースはブレースに近いほど理想的です。このシステムでは、カムの回転を利用して弦の進行方法とは反対側からウェイトをぶつけることで、弦の動きをよりブレースに近い場所で止め、システム全体の安定性を向上させるものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。