この記事は2014年11月18日に書かれたものです。1年以上前の記事は内容が書かれた当時とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

How to Mix Drink 再度、趣味の一冊作りました。

Top_how_to_mix_drinkアーチェリーじゃなくなってしまったけど…前回の「アーチェリーの理論と実践」に続き、また、一冊、パブリックドメインの本を翻訳しました。

ここでの技術的な記事の半分以上は酒を飲みながらネタを考えたものです…もちろん、ロジックを確かなものにして記事を書くのは次の日の昼ですが。お酒に感謝しての一冊です。

「HOW TO MIX DRINKS or 美食家たちのお供(How to Mix Drinks or The Bon Vivant’s Companion(1862)」 ジェリー・トーマス 著

*19世紀のカクテルレシピ&リキュールの製造方法についての本です。


The following two tabs change content below.
Ryo

Ryo

山口諒 - JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、2014年コンパウンドに転向、2018年よりベアボウに挑戦中。リカーブ・コンパウンド両方で全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。

2 thoughts on “How to Mix Drink 再度、趣味の一冊作りました。

  1. Veracityの販売開始はいつ頃になるでしょうか、またレビューの予定などはありますでしょうか
    為替などの関係で非常に悩ましそうな時期にせっかちな質問をしてしまいすいません

  2. レビューの予定はあります。価格に関しては、メール問い合わせいただければいつでも出せます。

    問題は為替ではなく、リムの種類があまりにも多くなってきたので、在庫販売すべきか、受注販売すべきか迷っています。受注販売の場合ホイットACEリムのようにメーカー・代理店に在庫が豊富であれば、ほぼお客様を待たせることはないのですが、このリムは在庫が希少なので、多くのサイズで1-2か月お待たせします。そのあたりを迷っており、在庫するかで販売価格も変わってきます(在庫リスクを持たないほうが安く売れる)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。