この記事は2014年11月13日に書かれたものです。1年以上前の記事は内容が書かれた当時とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

Kinoveaの0.8.23登場で日本語メニューサポート開始

kinovea動画分析ソフトKinoveaの0.8.23が登場しました。こちらのバージョンから日本語メニューサポート開始です。協力したご褒美に名前をのっけてくれました。ありがとうございます。

form.00.00.00新しい機能としては、骨格モデルを貼っていくことで、重心を計算する機能などが追加されています。また、自分の作業は0.8.15をベースとしたものだったため、それ以降に追加された機能は日本語化されていません。次に時間ができたときにアップデートします。ダウンロードページは英語です。

Kinovea Download

直リンク
http://www.kinovea.org/setup/kinovea.0.8.23/Kinovea.Setup.0.8.23.exe


The following two tabs change content below.
Ryo

Ryo

山口諒 - JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、その後コンパウンドに転向。リカーブ・コンパウンド両方で全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。

22 thoughts on “Kinoveaの0.8.23登場で日本語メニューサポート開始

  1. CPアーチャーです。
    リムドライブ方式ファールアウェイレストの使用を検討してるのですが、従来の物に比べてどうして普及しないのでしょうか。
    完璧なクリアランスが実現するのでシャフト、ランチャー共に消耗しづらいですし、引き戻ししづらいCPでもレストダウンのリスクが少ないのは長所のはずです。
    ガイドケーブルという特殊な道具や、上リムにかかる負担を考えたら従来品の方がまだ良いのでしょうか。

  2. 普及というのが使用者数ということであれば、やはり値段が問題ではないかと思います。
    リムの力によって稼働するので、早く稼働する分、高い負荷がかかるので安く作るのが難しいように思います。
    1万円をきる値段で販売できればいいなとは思うのですが、難しいのが現状です。

  3. kinouveaの日本語版本当にすごいですね!

    一つご質問があるのですが、
    肘関節屈曲-伸展角度を30コマ分追尾機能を使って表示できるようにし、その角度データをスプレッドシートに落とすと一コマ分しかデータが入っていないのですが、全てのコマ分のデータを落とす方法はどのようにすればよいですか?

  4. 角度測定の追跡ということでよいでしょうか。手元の0.8.23にて検証しました。xmlでエクスポート。Excelで開くことで取得できました。

  5. 早速の返信誠にありがとうございます
    僕も同じような方法でxmlでエクスポートしますと
    最初と最後のコマのデータしか出てこないということが発生していました。

    方法があっていましたのでほっとしました。
    誠にありがとうございます!

  6. 現在 0.8.24もベータ版がででいるので試してみるといいかもしれません。異なるバージョンで共存できます。

    こちらの環境は windows8.1 / Excel 2013 / kinovea 0.8.23 β でテストしました。

  7. Ryo様

    角度データにつきましてご丁寧に誠にありがとうございます。

    もう一点だけご教授お願い致します。角度追跡のデータ出力迄のステップですが、
    ①動画選択
    ②角度計測のアイコンを合わせて軌跡の追跡をさせる
    ③スプレットシートへの出力

    軌跡の追跡がずれないようでしたら最低限この3ステップで宜しいでしょうか。解説用に作っていただいた動画と同じ作業をversionやPCを変えても一コマ分しかデータが出なかったもので、申し訳ありません。

  8. 今頃の質問で申し訳ないのですが、ダメ元でコメントを残してみます。
    私も角度の出力を試みて、上手くいきません。検索してみると貴殿のHPへ辿りつきます。
    この動画が分かりやすいので前画面表示でみると実は角度データは落とせていないのかなと思い、メールしました。この動画においても
    Path tracking trajectories のデータは時系列に出力で来ているようですが、角度は出力されていません。サンプル
    http://www.kinovea.org/help/en/index.htm
    においても角度データが2つしか出ていません。
    私も角度を出力してみましたが、表示中の角度のみ出力されています。59コマなど長いものは画面の表示上は出ますが、最後のシートへの出力が出来ません。これはヘルプのサンプルでみるように、時系列で出てこないということなのでしょうか?

  9. アーチェリー競技においてどのようなデータを求めているのかわからないので、小林様が求めているものが想像できないです。

    このソフトの開発担当の Joanのアドレスですので、直接確認するのがベストかと思います。

    joan@kinovea.org

  10. 返信ありがとうございました。アーチェリー云々ではなく、この動画での肘関節角度の推移を出力するにはどうしたら良いかという質問です。
    この見本の動画(上記)を再生したところ、角度データのエクスポートではなく、なにかの座標(表のタイトルがTrackとなっている)がエクスポされていると思います。
    肘の角度が刻々と変化しているわけですが、このように角度の変化をみるように角度計を貼り付けて動画とともに変化を見られるところまでは出来たけれども、その時間軸と角度のエクスポートが出来ないのです。それは私の前に質問された方の内容と同一だと思います。
    角度測定の追跡 ということで見本の動画を提示して下さっていますが、動画内に示されたエクセルの表では角度測定の追跡結果がエクスポートできてはいないと思います。何かのx、yの座標(ピクセル数)がエクスポートされています。
    私の求めている事、それは動画上で角度を求めるためにアングルを貼り付けることまでは出来たけれども、その関節の角度の推移をエクセルなどに出力するにはどうしたら良いかという質問なのですが、如何でしょうか。

  11. 角度計測のアイコンを合わせて軌跡の追跡をさせて、その結果がスプレットシートへ出力できるものと勘違いしておりました。角度計測は出来るけれども、3点の座標から三角関数で求めるのですね。参考にさせて頂きます。どうもありがとうございました。

  12. 小林様が期待されている機能は使用したことがないので実装されているかわかりませんが、同様の結果はエクセルでの計算によって求められるかと思います。

    参考になれば幸いです。

  13. 突然申し訳ございません。
    このkinoveaというソフトは誰(外国)が製作したのかもしご存知でありましたら教えて頂きたいです。

  14. 突然申し訳ございません。
    このkinoveaというソフトは誰(外国)が製作したのかもしご存知でしたら教えて頂頂きたいです。

  15. 突然申し訳ありません.
    kinoveaでボールの軌道を追跡した値をexcelでピクセルではなく実際の長さ(mm,cmなど)で表す方法について教えていただけませんか?
    よろしくお願い致します.

  16. >kinoveaでボールの軌道を追跡した値をexcelでピクセルではなく実際の長さ(mm,cmなど)で表す方法について教えていただけませんか?

    基準点(例えば1mのライン)を動画の中に入れ、その長さのピクセル数(1m=600pxなら60cmは360px)を使って計算します。
    ソースが良質であればそれで十分です。
    ゆがんでいる場合には補正が必要です。詳しくはバイオメカニクスの解説書など最少してください。

  17. 突然の質問に対してありがとうございます.

    >その長さのピクセル数(1m=600pxなら60cmは360px)を使って計算します。

    X方向のPXが5m=344pxだったので60cm=41.28pxだと思うのですがですが,その場合はY方向も60cm=41.28pxと同じになるのですか?
    よろしくお願い致します.

  18. それはプログラムではなく動画の問題です。Y方向に対して直角になっていればそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。