この記事は2014年11月12日に書かれたものです。1年以上前の記事は内容が書かれた当時とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

HOYT 2015 PODIUM X ELITE 37

先日入荷したHOYT2015年Newモデル ポディウムXエリート37。
2013年2014年の2年間販売されたプロコンプエリートの後継機としてアクセル間37インチと40インチのモデルが発表になりました。
その37インチモデル、さらに新色のブラウンです。
20141110_161506
一言、シブい!!カッコいい!!!
*個人的主観に基づく*

ひとつ残念なのは、カムやリムポケットもマットブラックなのにリムはターゲットカラー(グロッシー)なのです。ここもマットだろうが!と思うのは私だけではないはずです。

さて、プロコンプの後継機として新しく登場したこの弓ですが、新機構として目玉が2つ。
ひとつがグリップ「モジュラーグリップシステム」
20141110_161557

20141110_161646
0度、2度、4度、6度の4つのグリップパーツが付属します。
20141110_161735
参考までにグリップパーツが無い状態。

もう一つが、フルドロー時のケーブルテンションを軽減してくれる「アジャスタブル・ケーブルガードバー」
CM141112-193949004

さらにモジュール交換引き尺変更が出来る新カム「スパイラル-プロ カム&ハーフ」が投入されました。(購入時はスパイラルプロカムかGTXカムの選択)

他にはロウリアブッシング(5/16in)、エアショックダンパー、そして昨年登場したショックロッドダンパー等が搭載されています。

では、2014年モデル プロコンプエリート(37)と比較してみましょう。
CM141112-193816001CM141112-194038006CM141112-194106008
プロコンプの発売からから2年の間に、必要不必要の箇所があぶり出されたのでしょう。100グラムほどの軽量化に成功しています。
出来る限りの肉抜きや溝掘りで実現しています。また、上下のリムポケットも必要な強度を残してこじんまりとまとまりました。

 

で、ハンドルを眺めていて気付いた事が。

CM141112-194753017
あれ?ハンドルのピボット上下位置が違う?!
上の写真はピボット位置を揃えて撮影しました。すると上下のカムシャフトがポディウムの方が下に位置します。
では、このカムシャフトを両方そろえるとどうでしょうか。
CM141112-194816018
あらま、ピボットが約0.5インチ強(約14ミリ)上になりました。
いや、なりましたではなく、2012年以前のハンドルデザインのピボット位置に少しだけ戻りました。

なぜでしょう。正式なアナウンスは少なくとも私は聞いていません。
2013年プロコンプが登場した時はまぁまぁ大きめの声で「ピボット位置を下げたYo!」って謳っていたと記憶していましたが。。。。
実はそんなに不要と判断し、少しだけ戻した?のかもしれませんね。キチンとした裏付けがあっての設計でしょう。

ポディウム-Xエリート37 新色ブラウン

ぜひ新弓を見に来てください!というよりも、このブラウンを見に来てください!の方が若干強めです。

大久保店にお越しくださいヽ(^o^)丿


The following two tabs change content below.
Yamada

Yamada

山田ヒロ - JPアーチェリー大久保店 店長。主にコンパウンドを担当。元日本記録(コンパウンド70mW)保持者。 連絡先 cp_okubo@archery-shop.jp

2 thoughts on “HOYT 2015 PODIUM X ELITE 37

  1. こんにちは。
    RC歴7年ですが、練習時間があまり確保出来ない環境になりまして、思い切ってやってみたかったCPに手を出してみようかなと考えてます。

    弓本体+いくらを見積もって考えるのが妥当でしょうか。(競技性を求めつつ最上級品でなくて良いです)また、価格を抑えられる部分は何が挙げられるでしょうか。

  2. >弓本体+いくらを見積もって考えるのが妥当でしょうか。(競技性を求めつつ最上級品でなくて良いです)また、価格を抑えられる部分は何が挙げられるでしょうか。

    価格を抑える前提で考えると、まず、リカーブと共用できるのは、スタビライザー、Vバー、クイーバー、矢(スパインによるが)、スコープ、防具などです。

    逆に価格を抑えるべきではないのがリリーサーです。また、競技を考えるのであれば、サイト周りもこだわったほうがよいかと思います。

    価格を抑えてもよいと思うのは、(飛行機での遠征がなければ)ボウケース、レスト、ピープなどです。

    よって、ざっくりですが、

    弓 10万円(世界記録を更新した実績があるもので最も安い弓は supra MAX 98000円) サイト周り 5万円 リリーサー 2万円 レスト、ボウケース 1万円 ピープやノック(Lサイズに交換が必要だと思います)・その他小物 0.5万円

    で、19万円弱、サイト周りも抑えるとしたら、16万円くらいではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。