この記事は2014年11月5日に書かれたものです。1年以上前の記事は内容が書かれた当時とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

マシューズが2015年ラインナップを発表しました。

NOCAM_redマシューズ(Mathews)が2015年ラインナップを発表しました。大幅な変更があるとは聞いていましたが、かなりびっくりしています。

2015_mathews_all_bowまず確認です。こちらが2015年の全ラインナップです。Apexシリーズがなくなり、NOCAM-TRGシリーズとなりました。MRシリーズはNOCAM-HTRとなりました。

2015_mathews_NOCAM一言で言えば革新的すぎます…。弓を評価する人間として、だいたい見れば何がしたいのかわかりますが、今回のこのNOCAM(ノーカム)でマシューズがたどり着きたい未来が、現状見えてきません。プロディジー(ホイットの方)などはまだ販売用のものは届いていなくても、評価できますが、正直これは届いてみて、射って見ないと何とも言えないです。


簡単に仕組みを説明すると、通常のカムが丸でないのはその形によってケーブルとストリングの位置を変化させるためです。このノーカムシステムでは、カムの代わりに丸いホイールを使います。そして、逆の発想で、カムによって弦の位置を変えるのではなく、ケーブルの位置を移動させることで、相対的にストリングとケーブルの距離を変化させていきます。これによって、ノックトラベルは常に完璧なものを得ることができます。かつ、カム同期などと言った調整も必要なくなるでしょう。

ここまで書くと夢のようなシステムですが、最上位モデルでチューニングが容易だけがウリでは、トップシューターというのはチューニングが難しくても、当たる弓を求めているので…マシューズかこのポイントだけで、新しい弓を売り出そうとしているとは思えません。

スペック表
しかし、かといってスペック表から、別のすごい性能があるということも読み解けません。弓のサイズは42インチから38インチに短くなっているにもかかわらず、1fpsしかスピードが向上していないので、このカム(カムではないけど…)は以前のものよりも遅いカムであると言えます。もちろん、リムを寝かせて同じスピードなので、Apex8よりはだいぶ静かだと思いますが、ターゲットモデルでそこに価値を見出す人は多くないと思います。

ドローレングスの調整幅は短くなり、ハンドルは重くなり、価格は44%高くなっています。

このシステムの価値はわかりますが、それをマシューズが最上位のターゲットモデルに搭載した理由は理解ができていません。ただ、この全く新しい弓は今までにない引き心地になると予想され、また、見当もつかないことが多いので、この弓の対する評価は届くまで保留とします。ハンドルのデザインなどは面白いと思いますが。12月後半の入荷予定です。

Chill-X-Pro-3Q-Blue-b-65428一般的な”カム”がついている弓が欲しい人のためには、チルXプロという弓が新しい用意されました。

chillXpro35インチと少し小さめでドローレングス25インチから対応。336fps以上のスピードを持つハイスピードボウです。Apex7/8の代わりが務まるかと言われると、少し系統が違う気がします。

自分含めて、Apexシリーズを使っているアーチャーの次の一台として何をお勧めするべきか、悩まなければいけないようです…。


The following two tabs change content below.
Ryo

Ryo

山口諒 - JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、2014年コンパウンドに転向、2018年よりベアボウに挑戦中。リカーブ・コンパウンド両方で全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。