この記事は2014年11月7日に書かれたものです。1年以上前の記事は内容が書かれた当時とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

ホイット(HOYT)のGMX、新しい赤が入荷しました。

IMG_20141107_170439今週の水曜日からホイットの2015年新商品の出荷が開始されましたが、まず入荷した来たのは、GMXの赤です。写真の左側がこれまでのペイント赤のGMXで、右が新しいアルマイトの赤です。微妙に違いがあるのがわかるかと思います。

色以外に変更はないので、2014年色も在庫がある限りこのまま販売する予定です。お好みのほうを選択してください。

また、残るものも順調に順次発送されているようですが、(リカーブの)プロディジーハンドルだけ、遅れが出ているようです。予約をいただいてるお客様には別途案内を出します。


The following two tabs change content below.
Ryo

Ryo

山口諒 - JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、2014年コンパウンドに転向、2018年よりベアボウに挑戦中。リカーブ・コンパウンド両方で全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。

6 thoughts on “ホイット(HOYT)のGMX、新しい赤が入荷しました。

  1. >グローブは何をもって初心者用とされているのでしょうか

    薄いからだと思います。薄いと弦の感覚を理解しやすい分、指が疲れやすいです。特に初心者が使うダクロン(太く柔らかい)は厚みのあるタブだと弦の感覚がわかりにい場合があります。逆にグローブで8190のような細く硬い弦をうった場合、指への負担はかなり高いです。

    もちろん、薄くないグローブも存在しますが、基本的に日本には輸入されていないので、(薄い)グローブ=初心者用というイメージがついたのでしょう。


    http://www.3riversarchery.com/SuperGlove+Archery+Shooting+Glove_i4427X_baseitem.html

    こういうチップをコードバンで補強し、スムーズにリリースできるようにしているものは初心者に限らず使用できます。

  2. Gmxの2015のカラーですが、他サイトではこちらでは行っていない、オレンジ色、グリーンも別色として販売しております。

    実際のところ、いろがかわっていないというはんだんで、そのままの販売としているのでしょうか?
    また、

  3. 他のサイトのことはそちらに聞いていただくとして、2014年から2015年の時に、塗装(品質)が変化したのは赤です。ペイントからアルマイトになりました。塗装の耐久性が向上しています。

    実際の違いはこの記事で近くし、違う色として販売することを決めました。

    >いろがかわっていないというはんだんで、そのままの販売としているのでしょうか?

    緑とオレンジは2014年にもありましたし、2015年にもあり、かつ同じアルマイトです。同じ色、またはわずかに違う程度ではないかと思いますが、現状では断言できないので、赤同様入荷後に確認して記事にする予定です。

  4. ブルーフュージョンは2014年カラーで製造は9月で終了しています。まだ売れ残っているプロショップを探すしかないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。