この記事は2014年9月23日に書かれたものです。1年以上前の記事は内容が書かれた当時とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

韓国のスポーツ番組でウィン&ウィンの工場紹介

ウィン&ウィンアーチェリー工場1さっきのMKのリムの情報どっかにないか調べていたら、8月に韓国で放送された番組にウィン&ウィンアーチェリーの工場が紹介されていました。

ウィン&ウィンアーチェリー工場2ウィンは韓国と中国に工場がありますが、こちらは韓国の工場。こちらは本社1階ショールーム。左がSFのフォージドプラスで、右はウィンアクトVT(と勘違いしたが、プレミアムプラスでした)ですね。

ウィン&ウィンアーチェリー工場3こちらは2階の開発研究室。

ウィン&ウィンアーチェリー工場6こちらは良くスローモーションのビデオで登場しているシューティングマシン。

ウィン&ウィンアーチェリー工場7リムに貼られているのはひずみゲージ。ティリングと言う作業をデジタルで行うための機械です。

ウィン&ウィンアーチェリー工場4
ウィン&ウィンアーチェリー工場5こちらはリムを製造する韓国工場。下の機械はリムのねじれをチェックするための機械。

番組で紹介されているのはこのくらいです。

全部の動画はこちらです。韓国語です。広告の後のロードに時間かかります。

こちらの動画では、昔の日本のメーカー(それぞれ2002年と2008年ごろに生産終了)の工場の様子を見ることができます。


The following two tabs change content below.
Ryo

Ryo

山口諒 - JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、2014年コンパウンドに転向、2018年よりベアボウに挑戦中。リカーブ・コンパウンド両方で全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。

6 thoughts on “韓国のスポーツ番組でウィン&ウィンの工場紹介

  1. Win&winのアルミハンドルの購入を考えているのですが、AL1とAXTの違いは重量の他に何があげられるのでしょうか。

  2. 使用される予定のポンド数を教えてください。また、新規購入でしょうか。それとも、何かのハンドルからの買い替えですか?

  3. ポンドは42程度を考えています
    サミックのウルトラから買い替えたいとおもっているところです。

  4. 素材や製法に大きな違いはないくも、設定(センターブッシングの高さやセンター調節機構)も同じなので、大きく違うハンドルではありません。

    ウルトラ(自分も使ってました)からの買い替えであれば、直線的なデザインのAL1の方が感覚的には近いと思います。逆に、気分を変えて、ウィンらしいハンドルを試してみたいのであれば、AXTの方が良いです。

  5. 手元に残りやすいかどうかはスタビライザーのセッティングに大きな影響を受けます。手元に残るハンドルを探しているのであれば、GPXなど、ほかの選択肢も検討されてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。