この記事は2014年9月7日に書かれたものです。1年以上前の記事は内容が書かれた当時とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

ディートン選手がワールドカップファイナル・コンパウンド優勝!!

wcf_da1_7426(World Archeryより)

年初から注目してきたディートン選手彼のセッティングを自分でテストし、687-684という全日本選手権の申請点をゲットし、全米選手権でもベスト8の8名の選手中3名がゴールドチップを使用し、コンパウンドのシャフトではこの話ばかりしていた気もするこの何か月間でしたが、締めくくりでディートン選手が大本命と目されていたレオ・ワイルド選手を破り、決勝ではICEベインを開発したピエール選手を大差で破り、ワールドカップファイナルで優勝しました!!

ライブで見ていましたが、感動しました!! 最高の気分で…した…今日試合で6Mしたので…はい。


The following two tabs change content below.
Ryo

Ryo

山口諒 - JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、2014年コンパウンドに転向、2018年よりベアボウに挑戦中。リカーブ・コンパウンド両方で全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。