この記事は2014年9月12日に書かれたものです。1年以上前の記事は内容が書かれた当時とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

9万円で参加しませんか? インドアワールドカップ・ステージ2 バンコク

indoor_archery_world昨日の記事の続きです。まずは、仕組みを理解していただくために、インドアワールドカップのルールブックを翻訳しました

*記念参加ではなくファイナルの出場を狙う競技者としての前提で書きます。

インドアワールドカップは4試合予選が行われますが、予選後、すぐに決勝が行われるラスベガスは参加が必須です。そして、大会の規模を考慮して、ステージ3のニームとステージ4のラスベガスでは順位によって与えられるポイントが2割増し、かつ、16位までポイントが与えられます。対して、大会の規模が比較的に小さいステージ1のマラケシュとステージ2のバンコクでは、ポイントが少なめ、かつ、8位までしかポイントが与えられません。

そして、全4ステージ、4試合が開催されますが、選考は(そのうちで結果の良かった)3試合で行われます。参加するだけで1ポイントもらえるので、もちろん、4試合全部参加することが望ましいのですが、(ポイントが少ない)マラケシュとバンコクのどちらか、そして、多くのポイントが与えられるニームラスベガスに出場することが最も効率の良いルートになるでしょう。

ラスベガスもニームも何度か行っているので、特に調べることもなく案内できますが(いつか書きます)、バンコクの参戦について調べてみました。

登録まずは試合登録しようとしましたが、登録には到着日や宿泊ホテル名が必要のようなので、先にホテルと航空券の手配をしましょう。

インドアアーチェリーバンコク2014スケジュールこちらが試合のスケジュール。12月5日の昼には会場につき練習、7日の午後まで試合は続きます。このスケジュールに合わせて航空券をとりましょう。ついてすぐに練習はきついですし、また、ロストバッケージに備えて、前日には現地入りすべきかと思います。

ここで注意していただきたいのは、バンコク行きで安いチケットを調べると、一番安いのはエアアジアだと思いますが、バンコクには国際空港が2つあり、こちらのキャリアが使っているのは試合会場から遠い
DMK(ドンムアン空港)という空港です。予算との兼ね合いなので、好みもあると思いますが、会場に近いBKK(スワンナプーム国際空港)に直行便で着陸するキャリアで安いのはタイ航空かと思います。往復で4万円ちょっとです。乗継便を使えばもっと安いのもありますが…3万円を切るのは難しいです。

会場マップ
次に、ホテルですが、観光もしたいのなら好きなホテルをとればよいかと思います。試合に集中するのであれば、会場近くのホテルが良いでしょう。上の写真は自分が出張の時に使っているHOTELS.COMというサイト。地図でホテルを探せるので便利です。これで見ると会場の近く、上の1件ホテル、下に1件ホテルがあるのがわかるかと思います。

アーチェリーインドアワールドカップ_安い方のホテル
下の方が近いのですが、こちらはかなり安宿で、長期滞在向けのレジデンスのようです。

アーチェリーインドアワールドカップ_高い方のホテル
上の方のホテルは宿泊費が安いホテルの三倍ですが…こちらの方が今回の試合のオフィシャルホテルです。こちらの方が良いのではないかと思います。

アーチェリーインドアワールドカップ_ステージ2モデルケース以上の情報に基づいて、HISさんに見積もりを出してもらうと、1名1部屋と言う条件で、上記の見積もりとなりました。

これとは別に250シンガポールドル(21000円くらい)の登録費がかかりますので、計9万円の予算で参加できます。

ホテルを公式ホテルではなく安宿に変更、LCCの乗継便に変更、2名で1つの部屋に泊まるなどをすれば、ここから3万円程度安くすることは可能ですが、コンディショニングを考えれば競技に行くのなら選択すべきではないでしょう。記念参加であれば問題ないとは思いますが。

ちなみに、昨年のステージ2の予選通過点は

リカーブ男子 536点 → 決勝ラウンド初戦はエリソン選手
リカーブ女子 342点 → 決勝ラウンド初戦はKIM Yu Mi選手(587点)
コンパウンド男子 555点 → 決勝ラウンド初戦はマイク・シュロッサー選手(今年ジュニア世界記録更新)
コンパウンド女子 最低点386点(出場選手32名満たず)

以上、参考になれば幸いです。自分は参加する予定です。

追記:自分がこのルートで行くかは未定です。


The following two tabs change content below.
Ryo

Ryo

山口諒 - JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、2014年コンパウンドに転向、2018年よりベアボウに挑戦中。リカーブ・コンパウンド両方で全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。