この記事は2014年5月14日に書かれたものです。1年以上前の記事は内容が書かれた当時とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

マシューズが新型ハイスピードターゲットボウを発表

ChillR-Black-3-4-2-20541
WAがコンパウンド競技を50mメインとしてから、どのメーカーもハイスピードモデルが人気です。マシューズが本日、既存のハイスピードハンティングモデルを再設計した新しいターゲットモデルの「チルX」を発表しました。

ターゲットモデルとしての安定性を得るためにハイトが6.125インチから7インチ、重さが3.95ポンドから4.23ポンド、アクセル感が33インチから35インチになり、スピードは6fps低下し、342fpsから336fpsとなっています。

ドローレングスは25インチからの対応です。

RockMod-Undrawn-84805再設計だけではなく、新規に「ROCK MODS ドローモジュール」という、よりソリッドなウォールを得ることができるモジュールが装着されています…解説読みましたが、詳しい説明がなく、写真だけからでは、これのどこが画期的かよくわかりませんでした。システムとしては、一つの部分だけ(たとえばピンに当たる)でウォールを得るのではなく、システム全体で統合的にウォールを作り出すということらしいのですが…勉強します。

もう一つ、「チルSDX」という30.5インチ、22インチから対応のショートドローモデルも発表されています。


The following two tabs change content below.
Ryo

Ryo

山口諒 - JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、2014年コンパウンドに転向、現在はベアボウにも挑戦中。リカーブ・コンパウンド両方で全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。

4 thoughts on “マシューズが新型ハイスピードターゲットボウを発表

  1. アチーブサイト(RXL)の本体青で、エクステンションバー銀のものの注文は出来ますか(飽くまで買うかどうか考えている最中ですが…)?
    あと保証は付くのでしょうか?

  2. 注文できますが、届くまでには2か月程度待っていただく事になります。保証はつきます。

  3. Chill Xのlet-offは75%のようですが、65%にする方法はないのでしょうか?

  4. ドローストップ部分を加工することで可能になるとは思いますが、10%も変化させた場合には、ホールディングウェイトで50%も変化させると、意図しない別の問題が発生する可能性があるので、お勧めはしかねます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。