この記事は2014年3月4日に書かれたものです。1年以上前の記事は内容が書かれた当時とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

新しいベアのヒンジガードを搭載したアジェンダ6が入荷。

79c890350e286d463ec9ffc3958d1cd3
ユニークな機能を搭載するベアアーチェリーを定期に仕入れて、レビューしています。

昨年の5月に2013年モデルのエンパイア(Empire)が入荷して以来、昨日、2014年新モデルのアジェンダ6(Agenda6)が入荷しました。

アジェンダ6のレビュー記事はこちらです。

レビューのために入荷した一台は即納モデルとして大久保店・コンパウンドオンラインショップで販売中です


The following two tabs change content below.
Ryo

Ryo

山口諒 - JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、その後コンパウンドに転向。リカーブ・コンパウンド両方で全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。

2 thoughts on “新しいベアのヒンジガードを搭載したアジェンダ6が入荷。

  1. コンパウンドにおいて、世界選手権ではHOYTがシェアを占めていますが、その理由はなんなのでしょうか?
    個人的にPSEの弓を使いたいんですが、日本でも周りはHOYTばっかりで…

  2. イーストンの影響が大きいかと思います。ホイットはイーストンの子会社で、イーストンを使用している選手に対しては、積極的にホイットに乗り換えるように営業しています。その影響で、現在、イーストンシャフト&ホイット、CXシャフト&PSE&マシューズという2(大?)勢力になっており、世界のトップレベルでは5対1くらいの割合かと思います。

    また、ホイットの弓がよいというのもちろん理由ではあると思います。あまりマニアックなもの(MAMBA M6とか)はお勧めしていませんが、PSEの弓は何度も世界選手権を制していますので、好まれるのであれば、何の心配もないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。