この記事は2014年3月24日に書かれたものです。1年以上前の記事は内容が書かれた当時とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

ブローネルの最新極細原糸 FURYが入荷しました。

IMG_20140324_160451
昨年の12月に発表され超極細原糸で話題になったブローネルのフューリー(FURY)が入荷してきました。

IMG_20140324_160520

実物で確認して、驚くほど細いということはありませんでしたが、確かにかなり細いです。リカーブ用でも22本弦くらいでSサイズノックにフィットするくらいではないかと思っています。

さっそく、テスト!!!と言いたいのですが、消費税増税前で注文が急増しており、弦づくりの担当の人間に「本日中のテスト弦の製作は無理」っぽい事を言われたので、明日をめどに完成弦にしてテストしてみるつもりです。楽しみです。

また、ION-X用のステルスショットが世界中で大人気のようです。弊社の在庫がなくなるごとに5個ずつ発注してきましたが、本日入荷の5個を最後に、しばらく欠品するという連絡がありました。次回の入荷は少し先になりそうです。


The following two tabs change content below.
Ryo

Ryo

山口諒 - JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、その後コンパウンドに転向。リカーブ・コンパウンド両方で全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。

5 thoughts on “ブローネルの最新極細原糸 FURYが入荷しました。

  1. テストしたのは1年以上前ですが軽く細いのが印象的でした。その期待の割に矢速は速くありませんでした。大きくは取り扱わないことにしたので、これ以上の記憶はあまり…

    BCY-X 164-20   99.2gr 矢速 200.88fps

    201.2
    200.7
    200.8
    201.0
    200.7

    FURY 164-24 89.8gr 矢速 200.44fps

    199.8
    200.5
    200.3
    200.6
    201.0

    データで残っているものとしては上記のものがあります。重さは大幅にBCY-Xから軽いが、矢速では負けています。

    >また、完成弦を頼むことは可能でしょうか

    できると思いますが、詳しくはメールか、店舗に電話で聞いてください。

  2. >やはり硬いですか?

    この極細の繊維の特徴は特定の硬さというよりも、弦として作成するときに幅広く調整ができることです。

    太いFF+の場合12本弦から18本弦(Lサイズのノックが必要かと思います)、6本分くらいしか調整幅がないですが、この極細繊維であれば、例えば18本から30本の間で12本分も幅広く調整幅を持っていることが特徴です。

    というのがメーカーの説明です。大きく取り扱わないことを決定したので、詳しく検証はしていません。現状のラインナップであれば、ブローネルよりもBCYのほうがすぐれていると感じていますが、リカーブの場合ブローネルを好む方にはXS2をお勧めしています。弊社のスタッフ(川津)も使用しています。使用感に関しては直接店舗にお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。