Kinovea(ベータ)の日本語版作りました。

Kinovea
以前にフォーム分析用の無料ソフトKinoveaを紹介しましたが、このソフトをボランティアで開発しているジョアンさんに連絡を取って、こちらでメニューの翻訳をして日本語版を作りました。

Kinoveaについてはこちらの記事を参考にしてください。
http://archerreports.org/?p=5198

先ほど、ベータテスト用のEXEが届いたので、日本語の表記に問題や不親戚な表記がないか、一緒にテストしてくれるとありがたいです。何かありましたら、メールでも、コメントでもいいので連絡ください。正式版で訂正してくれるように連絡します。

*プログラム自体の挙動に関してはこちらでは修正は担当できません。

無料ですが、ベータ版ですので、コントロールパネルからインストールされたソフトのアンインストールくらいはできる程度のPCの知識は必要かと思います。ウィンドウズ用です。

Preview installer for version 0.8.22 日本語版
0.8.23が登場しました(2014/11/13)


シュアロックが無段階調整の水準マウントシステムを発表

balance
シュアロック(Sure-Loc)からバランススタビライザーマウントという新しいスタビライザーマウントシステムが発表されました。

主にはコンパウンドで使用するものですが、これまでサイドロッドのウェイトの重さを調整することで、弓の水準を調整した来ましたが、この新しいシステムでは、センターロッドをサイトと反対側に無段階調整で横にスライドさせていくことで、弓の水準を得るチューニングになります。

SURE-LOC-BALANCE-PRO
ただ、センターロッドが横に移動して行く分、水準だけではなく、射った時のフィーリングも変わってくるので、早く実物が見てみたいです。4月入荷予定です。


BCY Dループロープ 新色追加♪

CM140326-135803001

BCYのDループロープに久々の新色追加です。
今回はパープル(紫)とゴールドの2色です。

ゴールドの方は、「金」と言うよりもライトブラウンに近い感じがあり、スタッフによると「お寺のお線香の色みたいですね」とのコメント(苦笑)。

よろしければ是非どうぞ~ヽ(^o^)丿

 


CARTER Total Control(トータルコントロール)が入荷!

CM140325-164422001

Carter(カーター)からNewリリーサー・Total Control(トータルコントロール)が入荷しました。
(人差し指穴径:2.5cm、全長:9.8cm、厚み1.3cm、重さ:74.5g/3本掛け)

このトータルコントロールはトリガーレス(バックテンション)リリーサーで、発射(リリース)タイミング調整と、クリッカー音のON/OFF、さらにクリッカーが鳴ってから発射(リリース)までの時間(移動量)を無段階で調整でき、また再現性に優れた機構を採用しています。

これまでのトリガーレスリリーサーの難点と言えば、発射タイミングの調整が面倒でした。

いじった後、元に戻そうとしてもムーンがフリーで動くので再現性が乏しいため中々調整や色んな角度を試すのが億劫になりがちでした。

また、クリッカー音が鳴るタイプのリリーサーはこれまで数多く出回っていますが、ムーンに刻まれた“みぞ”が、製品によっては個体差があり、大きく鳴るものや、ひどいものは殆どならないモノも存在しました。さらにクリッカーが鳴ってからリリースまでの時間(移動量)は変更できず、好みのタイミングなら良いですが、好みでない時はいっそ無い方が良かったりしました。

このトータルコントロールは、音の有り無し変更はもちろん、音が鳴ってからリリースまでの時間(移動量)を自由に、また、再現性に優れた調節方法となっています。

注:同じくカーターの「ツームーン」も同じようにクリッカー音の有り無しと、鳴ってから発射までの時間(移動量)の調整は出来ますが、変更手順が面倒で、無段階ではありません。

≪変更方法:クリッカー音なしの場合≫

両サイドに有るイモネジを緩めます。(クリッカー音有り無し共通作業)
CM140325-173909017-1

そしてまず先に左側の発射タイミングを調整します。

写真左側(レンチを挿し込んでいる方)の穴が発射タイミングの調整ネジ穴です。
CM140325-173608011

時計回りにレンチを回すとタイミングは遅くなります。
下の写真のように左側のムーンが“上”に持ちあがるようになります。
CM140325-173726014

遅い時はヒンジはこのような角度になります。
CM140325-174046019

一方、反時計回りに回すとタイミングが早くなります。
下の写真のように左のムーンが“下がった”ようになります。
CM140325-173650013

早い時のヒンジの角度です。
CM140325-174024018

左の穴で好みの発射タイミングを探ることが出来ます。もし元に戻したい場合でもレンチをどれだけ回したかを覚えていれば容易に再調整が可能です。

次に右ムーンの穴・・・クリッカーです。
音のON/OFF切り替えは、右のムーンが左のムーンと平行(もしくは右側下がり)になっているか、上に有るかです。
ちなみに下の写真は右側下がり(音なし)です。
CM140325-173853016
左ムーンと同じく時計回りで上がり、反時計回りで下がります。

クリッカー音なしで良い場合は、これで調整は完了です。
最後に両サイドのイモネジは忘れずに必ず締めてください。

 

≪クリッカー音ありの調整≫

上記(音なし)の手順(左ムーン調整⇒右ムーン調整)とは逆の順序で行います。

右ムーンを上げ下げして好みの発射タイミングを調整します。
好みのポジションが決まったら次に左ムーンの上げ下げを行います。
下の写真は右側上がり(音あり)です。
左ムーンを右ムーンよりも低い位置にし、段差を作ります。
CM140325-173909017

この段差は音が鳴ってから実際に発射されるまでの時間(移動量)をつかさどります。
僅かな段差だと音が鳴ってからスグの発射。
大きな段差だと音が鳴ってからさらに移動しての発射となります。
好みの段差を見つけてください。

最後に両サイドのイモネジは忘れずに必ず締めてください。

トータルコントロールはこれまで面倒だったリリースタイミングの調整を簡単かつ再現性に優れた調整機構を搭載したトリガーレスリリーサーとしてとても良くできたリリーサーです。

その名の通り、ユーザーにとって「すべてをコントロールできる」リリーサーと言えるでしょうね。

 

最後に、、、、付属の2本の六角レンチ(インチ)ですが、サイズが「.050」と「.035」。

CM140325-174153020

「.050」は比較的手に入り易いサイズですが、もう一つの「.035」がもしかするとなかなか見つかりにくいかもしれないサイズなので、決してなくさないようにしてください。

Total Controlはあちぇ屋CPおよび店舗にて販売中です~


DECUTから新しい商品のテスト入荷です。

IMG_20140325_185448
IMG_20140325_185529
DECUTから2つ新しい商品がテスト入荷しました。期待のメーカーで定期的に新商品をチェックしているところです。

まずは、タブ。どんな革(これはコードバンではなくスーパーレザーと呼ばれるもの)を使用しているのか気になりましたが、品質は悪くなさそうです。ただ、機能的にはFIVICSのJMシリーズとほぼ同じで、価格もほぼ同じですので、この商品の取り扱いはパスします。入荷したものは特価品に追加しましたので、興味がある方は。

IMG_20140325_185954
IMG_20140325_185932
(↑CEX2000に装着してみたところ)

次にダンパーですが、変わった感じのゴムを使っています。表現が難しいですが、硬くもなく、柔らかくもなく、中間程度の硬さで、かつ、曲げてみると「粘り」があります。具体的にこの場所に使うとよいとか思いつきませんが(1/4ねじなので…ねじサイズ無視すればスコープ・サイト用のダンパーとして最適かと思います)、面白い商品です。

IMG_20140325_190126
また、通常は接合部分はゴムだけですが、このダンパーはスタビライザーとウェイトと接する面がともにフラットな金属面になっています。思いつく限りではこの設計はほかのメーカーにはないかと。

ちょっと面白そうなので、このダンパーについては少し取り寄せで販売してみようかと思います。


カーター(Carter)のトータルコントロールが入荷しました。

IMG_20140325_142259
さっき本社にカーターの新しいリリーサーのトータルコントロールが入荷しました。2月の予定だったのが、よくわからない原因により(ねじ類を製造するメーカーからの納品がロストした??)、一か月遅れました。4本指は4月になってしまうそうです。

もう大久保店のほうに運んび、間もなく山田のほうでレビューをアップする予定です。

また、水曜日から金曜日まで、全国選抜にブース出しに行きます。その間通販は発送がありません。ご理解ください。


ブローネルの最新極細原糸 FURYが入荷しました。

IMG_20140324_160451
昨年の12月に発表され超極細原糸で話題になったブローネルのフューリー(FURY)が入荷してきました。

IMG_20140324_160520

実物で確認して、驚くほど細いということはありませんでしたが、確かにかなり細いです。リカーブ用でも22本弦くらいでSサイズノックにフィットするくらいではないかと思っています。

さっそく、テスト!!!と言いたいのですが、消費税増税前で注文が急増しており、弦づくりの担当の人間に「本日中のテスト弦の製作は無理」っぽい事を言われたので、明日をめどに完成弦にしてテストしてみるつもりです。楽しみです。

また、ION-X用のステルスショットが世界中で大人気のようです。弊社の在庫がなくなるごとに5個ずつ発注してきましたが、本日入荷の5個を最後に、しばらく欠品するという連絡がありました。次回の入荷は少し先になりそうです。


プレミアム+ハンドルが入荷しました。

premium+riser昨年の11月に発表されたプレミアムハンドルの二世代目「プレミアム+」ハンドルが入荷しました。

SONY DSCハンドル自体は事前に1月のテルフォードで見たデザインとほぼ同じです。違う点としてはロゴの色がゴールドに変更されたことくらいでしょうか。

SONY DSC
今回、第一世代のプレミアムとプラスとの一番の違いはセンター調節機構で、プレミアムプラスでは上位機種同等のセンター調整機能にアップグレードされ、センターとティラー・ポンドを別々に調整することが可能になります。
IMG_20140323_182807また、グリップの形状はウィネックス(WINEX)とフォージドプラスと同じですので、別売りのウッドグリップに交換することも可能です。

とりあえず黒・青・赤の3色が入荷しました。これ以外の色は次回便だと思いますので、4月の中旬ごろの入荷かと思います。

W&W/SF プレミアム+ ハンドル

W&W アルミハンドル ウッドグリップ


KROSSENのアッパーがモデルチェンジしました。

Krossen Damper Stabilizers
110711_203659
久しぶりにKROSSENに発注をしましたが、メーカーからアッパーがモデルチェンジしたという連絡がありました。

上が新しいアッパーで、下が2013年モデルのアッパーの写真です。今販売しているタイプのアッパーは再入荷しない予定です。

新しいモデルではロッドをより剛性のあるものにし、ロッドと金具の接合部分を改良して振動吸収性能を高めています。価格は現モデルより少し高くなります。

その他の在庫切れモデルも再入荷する予定です。

Krossen_02
新しい商品としては、クイックデタッチが発表されました。ストレート、5度ダウン、10度ダウン、15度ダウンの4種類です。今週発送されるそうなので、1週間程度で入荷する予定です。


2つ、ちょっとした新商品

SONY DSC
jvd1

今週の金曜日が祝日なので、新商品のいくつかは来週の月曜日の入荷になってしまいました。ちょっとしたもので入荷したのは、JVDのフィールドターゲットデザインの傘、それと、W&W限定カラーのネオンイエローのイノマックス(INNO MAX)ハンドルです。

それと、SFアーチェリーの2014年モデルのプレミアム+ハンドルが入荷しましたが、こちらのレビューは明日書きます。