この記事は2014年2月28日に書かれたものです。1年以上前の記事は内容が書かれた当時とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

ホイットのリカーブステルスショットの装着ガイド完成です。

Recurve_ion

昨日から販売を開始したリカーブステルスショットの装着ガイドが完成したので、アップしました。当店で購入したお客様には印刷したものを同梱で発送しますので、そちらで確認していただければと思います。

過去の紹介記事はこちらです。


チューニングアプリで一緒に仕事した、ジェークがレビューしている動画がこちらです。

SONY DSC
ちなみに、重量は本体がペアで112gで、取り付けのためのねじ・ワッシャー類が31gです。センターロッド1本分の重さです。確実に振動が減り、矢速も向上するとのことですが、Vバーで重めのセッティングの方で装着する場合は、サイドのウェイトを取り外したりして、一度セッティングのほうを見直す必要があるかもしれません。

装着ガイドのPDF版のこちらです。

リカーブステルスショット装着ガイド_JPアーチェリー
http://archery-shop.jp/manual/Recurve_Stealth_Shot_Stringstopper_Ion-X.pdf

ハンドルを加工すれば(上側のねじを切る)HPXでも使用できますが、保証対象外となりますので、作業されるときはご注意ください。加工しなくても、下側だけならHPXでも取り付きますが、以前の記事通り、上下のダンパーに順番に当たることで振動を吸収するので、下側だけで使用した時には、あまり良い感覚ではなくなると思います。コンパウンドでは下だけで使用しますが、コンパウンドの場合はリムは上下には振動しないからです(近年のモデルはリムはほぼ水平のため)。リカーブで下だけで使うことはお勧めできません。


The following two tabs change content below.
Ryo

Ryo

山口諒 - JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、その後コンパウンドに転向。リカーブ・コンパウンド両方で全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。

8 thoughts on “ホイットのリカーブステルスショットの装着ガイド完成です。

  1. ステルスショットの変えようのゴムのネジ穴部分のサイズは1/4、または5/16でしょうか?

  2. ダンパーゴムを固定するためのレンチのサイズは9/64です。ダンパーゴム側のメスねじは8/32です。
    この情報でよろしいでしょうか。

  3. このリカーブステルスショットは一度弓に取り付けたら、そのままつけっぱなしで問題ありませんか?
    射つごとにとりつけるのは少し面倒だとは思います。

  4. リカーブステルスショットの装着後、撃ちおわったら、外したほうがいいのでしょうか?
    ただ、そうすると弓を組み立てる際にいちいちリカーブステルスショットをつけ直さないといけないので、少し面倒なような気もします・・・

  5. つけたままでよいと思います。
    ほとんどのアーチェリーケースでつけたままで問題なく収納できると思いますが、取り外さなければいけいない事態になっているのですか。

  6. いえ、問題ないのなら大丈夫です。
    購入を検討したい思います。
    お答えいただきありがとうございました。

  7. HPXのねじをきってつけるだけの価値はあるのでしょうか
    点数アップは見込めますかね?

  8. >HPXのねじをきってつけるだけの価値はあるのでしょうか

    ねじを切ってしまうことの代償はメーカー保証が無効になってしまうことです。それに対するトレードオフなので…お客様がそのことをどうとらえるかによると思います。
    個人的には中古で手に入れたハンドルであれば、どうせ保証はないのでやってしまうし、買ったばかりのハンドルなら、ちょっとやりたくはないです。

    >点数アップは見込めますかね?

    弓は安定しますが、それが点数向上につながるとは断言はできません。自分には合わないというアーチャーの意見も聞いたことがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。