この記事は2013年10月25日に書かれたものです。1年以上前の記事は内容が書かれた当時とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

マーチン(Martin)アーチェリーが再生に向けて再スタート

aurora_riser

昨日、マーチン(Martin)からお知らせがありました。一時期はリカーブボウも生産し、国内でも大手代理店がセールスをしていたマーチン(上はオーロラというリカーブハンドル)ですが、近年、いろいろあり、元気がありませんでした。

今年の夏には創業者のゲイル氏(Gail Martin)が亡くなり、どうなるのかなと思っていましたが、再生に向けて、創業家から新しいオーナーへと、10月21日に売却されたそうです。

メーカーからのお知らせでは、すでに2014年に向けての開発の取りまとめに向けて進んでおり、ATAで2014年のラインナップを発表する予定のようです。

見事にそれを成功させることを期待しています。

新しいオーナーは、リッチ・ウェザーフォード氏という方ですが、実業界では輝かしい経歴があるようです。ただ、アーチェリー業界での実績は…あまり知りません。ATAの2014年・ナッシュビルはいく予定がありませんでしたが、新生マーチンに挨拶に行くか迷い中です。。。。

 

martin_archery

英文全文はマーチンの公式ページで確認できます。

Martin Archery
http://www.martinarchery.com/2013/index.php


The following two tabs change content below.
Ryo

Ryo

山口諒 - JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、その後コンパウンドに転向。リカーブ・コンパウンド両方で全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。