この記事は2013年10月15日に書かれたものです。1年以上前の記事は内容が書かれた当時とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

イタリア ファイバーボウ 8.2が出荷開始

Assieme313794

設計図のみが発表されていたイタリア・ファイバーボウ(Fiberbow)の新型ハンドルFB8.2ハンドルの生産が正式に開始されました。

非常に軽いカーボン繊維を使用してオールカーボンハンドルを製造しているFB社が、今回ウッドハンドルを製造するにあたり開発したオリジナルの素材はファイバーウッドとFBが呼んでいるもので、強度を高めるに、ローズウッドを圧縮して、さらにフェノール樹脂(ベークライト)を含浸(がんしん)させた素材です。

世界中に多くのメーカーがありますが、ハンドルにこの素材を使用しているメーカーはないと思います。自分が知る限りでは世界初です。

ただ、この素材を製造するのに手間がかかるのため、加工費が高く、ハンドルの価格がかなり高いです。

販売価格で1本8万円を超えてくると思われます…。サンプルとして1本は仕入れると思いますが、基本的には特注製品としての取り扱いを考えています。12月入荷予定です。

・World Archery の委員会によるハンドル構造承認のお知らせ


The following two tabs change content below.
Ryo

Ryo

山口諒 - JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、その後コンパウンドに転向。リカーブ・コンパウンド両方で全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。