この記事は2013年9月25日に書かれたものです。1年以上前の記事は内容が書かれた当時とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

SFアーチェリーからコンパウンド用サイトが登場

これまで1万円前後のお安いCP用ターゲットサイトは各メーカーでいくつか存在していましたが、“安かろう悪かろう”の感が否めませんでした。
そんな中、SFアーチェリーから安い価格帯のコンパウンド用サイトながら、ちゃんと「使える」製品が登場しました。
SFアーチェリー「ベロシティ・プロ」サイトです。

9インチのカーボンバーエクステンションに5インチのエレベーションとなっています。

サイトブロック部分です。


ブロックには、サイトを大きく動かすための「ジャンプボタン」が付いています。
*写真右上の真鍮のボタンです。
取り外し式のボックスは、サードアクシス調整が出来ます。


スコープの10/32インチロッドを通すバーの内側はネジは切っていません。
ロッドを通して反対側から付属のナットで締め付けます。

重さはマウント込みで318グラム。
剛性を出すためにこれぐらいの重さになったのでしょうね。
残念ながらこの重さはチョッとハンデかもしれませんね。
対抗馬となる「シュアロック・チャレンジャーサイト:550-9インチ」が300グラム。
そして「シブヤ・アルティマCPXサイト:520-9インチ」に至ってはなんと234グラムですからその差は84グラム、と言う事になります。

さて、使い勝手ですが、ここでは対抗馬となる「シュアロック・チャレンジャー」と見比べてみます。
重さの差は若干あるとしてもSFサイトの操作は至ってシンプルです。
エレベーションの移動もSFサイトはジャンプボタンで手軽にできます。
チャレンジャーはイチイチつまみを緩めて調整~締め付けをせねばなりません。
これは大きなアドバンテージですね。

外観は、ガッチリ造りこんでいる為、受け止め方に個人差はありますが決してスマートな印象は受けません。サイトボックスが前方に張り出している為スコープの位置が若干遠くに感じます。
下の写真はシブヤサイトとの比較です。
 
左:SFサイト、右:シブヤサイト
エレベーションからスコープロッドまでの距離は約2センチの差があります。

次につまみ部分です。

目盛となるステッカー自体は細かく刻んでいるように見えますが、実はワンクリックが結構広いです。ここはチャレンジャーサイトや他のサイトに比べると残念な部分かもしれません。

付属品です。
このSF・ベロシティー・プロはコンパウンド用サイトとして販売いたしますが、8/32インチのアタッチメントとサイトピンも付いてきます。なのでリカーブ用サイトとしても使えます。

ちなみに左の鍵穴みたいなパーツも付属します。
こちらは10/32インチのネジ穴が切ってあります。
通常使用するボックスとこのパーツで使い分ける事も可能です。
ただし、スコープ側の10/32インチロッドに負担がかかりそうな構造になるので、現実的な使用には耐えないかもしれません。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
これまで当社では、サイトに関しては2万円~3万円台の上位モデルのサイトを中心に販売してきましたが、ここにきてやっと1万円台でおススメできる初級~中級向けのサイトとして登場してくれたSFコンパウンド用サイト。
価格は 13,800円

来週から販売を開始いたします。
お楽しみに~~~(^◇^)


The following two tabs change content below.
Yamada

Yamada

山田ヒロ - JPアーチェリー大久保店 店長。主にコンパウンドを担当。元日本記録(コンパウンド70mW)保持者。 連絡先 cp_okubo@archery-shop.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。