この記事は2013年9月27日に書かれたものです。1年以上前の記事は内容が書かれた当時とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

2014年モデル ベア・アーチェリー

1234137_10151594356646688_763512198_n.jpg

コンパウンド・トラディショナルボウのメーカー、ベア・アーチェリーが2014年モデルを発表しました。今年の5月に2013年モデルが少量テスト入荷しましたが、10万円を切る価格でも性能はまとまっている印象でした
メーカーのホームページも更新されています。
ベア・アーチェリー 2014
http://www.beararcheryproducts.com/overview

その中でも、アジェンダ(Agenda)6という上位機種には、2年前に発売されたアークテックのCPRシステムに相当する仕組みが、これまでにない機構で搭載されています。
090922.jpg


どのような動作するかは0:23あたりの映像でわかるかと思います。
09092210.jpg

また、ユニークなハンドルのデザインで、以前のホイットのネクサスのようにダンパーが直接ハンドルに埋め込まれています。
あまり、深い付き合いはないメーカーなので、すぐには入荷しないと思いますが、再度テスト用に何モデルか注文したてみたいと思います。


The following two tabs change content below.
Ryo

Ryo

山口諒 - JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、その後コンパウンドに転向。リカーブ・コンパウンド両方で全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。