この記事は2013年9月20日に書かれたものです。1年以上前の記事は内容が書かれた当時とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

イーストン・アーチェリーから、新型のターゲット用シャフトが発表

Apollo2.jpg

かねてから噂されていた、イーストン(EASTON)の新型のターゲット用カーボンシャフトのアポロ(Apollo)が正式発表され、出荷が開始されました。
現在、話しているところですが、テスト入荷は来週(2ダースのみ)、販売開始は10月の初めを予定しています。設定されているスパインは、560/610/670/740/840/950/1070/1200の7種類です。
詳細はテストしてから報告させていただきます。


The following two tabs change content below.
Ryo

Ryo

山口諒 - JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、その後コンパウンドに転向。リカーブ・コンパウンド両方で全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。

2 thoughts on “イーストン・アーチェリーから、新型のターゲット用シャフトが発表

  1. SECRET: 0
    PASS: 4ea6beb0db052e61060e3e1760bd3031
    Jägerのカスタムグリップはどれもグリップの形状が同じでしょうか?
    GMXからInno cxtに買い替えを検討していたのですが、cxtの標準のグリップがあまり好きでないにで

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    グリップは3種類あります。
    ・Best スタンダード
    ・Best ロー
    ・Best 2.0
    それぞれに形状は異なります(写真で確認できるかと思います)が、CXTのBest2.0とGMXのBest2.0とであれば、形状はほぼ同じです。
    > Jägerのカスタムグリップはどれもグリップの形状が同じでしょうか?
    >
    > GMXからInno cxtに買い替えを検討していたのですが、cxtの標準のグリップがあまり好きでないにで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。