この記事は2013年7月16日に書かれたものです。1年以上前の記事は内容が書かれた当時とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

ボウテック カーボン・ナイトが入荷しましたよ~(写真多数)

来ました来ましたボウテックのNewモデル、カーボン・ナイト(Carbon Knight)。
さっそく手に取って思った感想。。。。
へっ?!プラスチック製品みたい?!
表面の仕上げ処理、質感、そして何よりの軽さ・・・。
第一印象がそんな感じです。


*FivicsのCEX5を付けてみました。

細部を見ていきましょう。
まずはグリップ周り。

持った瞬間、「おや?!太い」と言った印象を受けます。
それもそのはず。ナイト(略)は4センチもあります。PSEスープラやHoytアルファエリートは3.1センチほど。

形状は、当初想像していた「ハンティングむけグリップデザイン」かと思いきや、
意外とターゲットデザイン寄りにグリップが作られています。

幅20mm。ぺたーっとしています。
ピボット付近は“カド”があまりない丸みを感じる処理。

下に行くほど、グリップのエッジが効いています。

次にシェル。

設計上、バーガーホール(レストマウントホール)が貫通していません。
向かって右の皿ネジのマルを目安にします。
反対側のレストを装着する箇所は次の通り。

右の小さな穴は使いません。左の大きな穴がレストマウントホールです。

次にセンタースタビとバックストップ装着の為のステー部分です。


センタースタビのブッシングはハンドルと直結していません。
このステー部分がハンドルの側面からネジ止めがされています。

そしてリム。

形式はソリッドリムです。塗装はしっかり頑丈な仕上げが施されています。

ストレスのかかりやすいリムフォーク部分には補強目的の赤いパーツが両側から止められています。

Newバイナリーカム

上カム側にリムストップ式ドローストップピンが付いています。

ちなみに写真は4番ポストについており、これは29インチを指します。
*3番・・・29.5インチ、2番・・・30.0インチ、1番・・・30.5インチ
*赤いモジュール(上下のカムに付いています)も必ず同じ番号のポストにセットします。

引き尺調整は26.5インチから30.5インチ。
ここが今回の唯一の残念な部分です。
せめて25.0インチからにしてほしかった・・・。

その他
 
今回のナイトにはボウテックではおなじみになってきた「FLXガード」は搭載されていません。設計上の問題なのか、あるいは、あえて搭載しなかったのか。。。
機会が有れば、Bowtechに聞いておきます。

最軽量3.2ポンド(1.45kg)を誇るボウテックの「Carbon Knight(カーボンナイト)」
大久保店で今日から展示しています。
気になる方はゼヒお越しいただき、その軽さを実感してください!(^ੳ^)~♪


The following two tabs change content below.
Yamada

Yamada

山田ヒロ - JPアーチェリー大久保店 店長。主にコンパウンドを担当。元日本記録(コンパウンド70mW)保持者。 連絡先 cp_okubo@archery-shop.jp

2 thoughts on “ボウテック カーボン・ナイトが入荷しましたよ~(写真多数)

  1. 引き尺25インチがあれば即ポチッのところでした。執拗に短仕様実現お頼みします。

  2. コメありがとうございます。
    お客様からの貴重なご意見として、メーカーに伝えておきます。
    >引き尺25インチがあれば即ポチッのところでした。執拗に短仕様実現お頼みします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。