この記事は2013年6月20日に書かれたものです。1年以上前の記事は内容が書かれた当時とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

CXがトルコでも大躍進の模様

da1_1488.jpg

現在、夏に登場予定のNano-Xtremeの事について、CX(カーボン・エキスプレス)の人と定期的にメールしていますが、ワールドカップの第二戦でも大活躍だったようで、現在コンパウンド店で販売しているNano-Proが、コンパウンドの男子個人の金メダルと銅メダルを、コンパウンドの団体でも金メダルを獲得したそうです。
使用している選手の数から考えると、かなりの快挙だと思います。
Nano-Xtremeについては現在テストシューターによる最終調整段階です。コンパウンド店では2年ほど前からNanoシリーズのシャフトを販売していますが、リカーブ向けのNanoシャフトを在庫販売するか、最終的な交渉段階です。
ただ、間違いなく、Nano-XtremeはX10よりも高いシャフトになります。選び抜かれたX10は本当に優れたシャフトです。Nano-Xtremeに興味を持っていただくためには、メーカーが主張している「はずれの少なさ」がどれほどのものか次第になるのかと思っています。本当にはずれが少なければ、トータルでは、X10よりも安くつくことになりますので。


The following two tabs change content below.
Ryo

Ryo

山口諒 - JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、その後コンパウンドに転向。リカーブ・コンパウンド両方で全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。

3 thoughts on “CXがトルコでも大躍進の模様

  1. SECRET: 0
    PASS: ec6a6536ca304edf844d1d248a4f08dc
    Nanoについて、非常に興味が湧きました
    36~38ポンド帯でx10を使用しているのですが、
    38ほどから、ポンドを下げ続け、36中盤ほどまで下がってしまい、
    ポンドを上げるか、ACEに戻すか、議論中だったのですが
    36~38なら今回のNanoはオススメでしょうか?

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    > 36~38なら今回のNanoはオススメでしょうか?
    まず、このシャフトはまだ実際にテストしていないので、何とも言えませんが、X10と同等の精度を有しているのであれば、スペック的にはかなりおすすめできるシャフトになると思います。X10同様のバレル構造による安定性を享受しながら、より軽いシャフトになるので、軽いポンドでも使えるX10のような存在になると思います。
    CXについて新しい記事を書きますので参考になるかと思います。
    > Nanoについて、非常に興味が湧きました
    >
    > 36~38ポンド帯でx10を使用しているのですが、
    >
    > 38ほどから、ポンドを下げ続け、36中盤ほどまで下がってしまい、
    >
    > ポンドを上げるか、ACEに戻すか、議論中だったのですが
    >
    > 36~38なら今回のNanoはオススメでしょうか?

  3. SECRET: 0
    PASS: ec6a6536ca304edf844d1d248a4f08dc
    わかりました、ありがとうございます。
    CXの記事楽しみにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。