この記事は2013年6月7日に書かれたものです。1年以上前の記事は内容が書かれた当時とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

新しい素材のランチャーブレード入荷。

昨年にUUKHAとFLEXに行きましたが、どちらも素材屋さんでした。新素材っていい響きですねw
前の記事で紹介したセーカー・ブラスのような実績ある大手ブランドの新商品もいいですが、ガスプロ(GAS PRO)、ウーカ(UUKHA)、アークテック(Arctec)、ルブルネ(LeBrunet)のような全く日本では知られていないメーカーを紹介する方が個人的にはワクワクします。もちろん、これまでだとAGF(スイスのサイトメーカー)の様に、うまく展開できず、取引が終わってしまったところもありますが、ウーカのようにメーカーと一緒に成長できるのは本当に貴重な体験だと思っています。
本日も新しいメーカーさんを紹介させていただきます。
コンパウンドのランチャーに使用するブレードを製造するイギリスのメーカーのランチテック(Launchtec)さんです。二人で運営している小さなメーカーで、商品はすべてイギリス製です(というか二人で手作りしています)。
Launch Tec
http://www.launchtec.co.uk/

DSC01265.jpg
こちらがランチテックの代表製品である高性能エポキシ樹脂製のランチャーブレード。もともとはオーナーが自分用に宇宙工学分野で使用されている特別な樹脂を使って作ったもので、最初の製品は5年以上前に作られており、これまで一度も交換されていないそうです。その後、まわりで好評になってメーカーに転身しました。

E.jpg

一番の特徴というか、実績は、とにかく長持ちすることです。まず、金属でないのでスチールブレードのように錆びることがありません。素材の特性上、天候に影響を受ける事もありません。
P1010589.jpg

次に柔軟性があり、復元力があるので、トラブルで引っかけたりしても、壊れることは少ないです。ブレードが摩耗する事もなく、かつ、金属の様にエッジは鋭くないので、シャフトが摩耗する事も防ぎます。
DSC01266.jpg
P1010639.jpg

そして、メーカーのホームページの「Development」のページに動画がアップロードされていますが、スチールのブレードと比べると、静かで振動もすぐに収まります。
本日入荷。本日、コンパウンド店休みですので、詳細のテストは明日以降コンパウンド店のブログにアップされます。ご期待ください。


The following two tabs change content below.
Ryo

Ryo

山口諒 - JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、その後コンパウンドに転向。リカーブ・コンパウンド両方で全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。