この記事は2013年1月7日に書かれたものです。1年以上前の記事は内容が書かれた当時とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

Stokerized 2013年 リボルバー・カーボン

703694_10151125514167231_169502688_o.jpg

ユニークなスタビライザーの開発をしてきたSTOKERIZEDが新しいスタビライザーを発売しました。その名はリボルバー・カーボン・スタビライザー。本日入荷し、テストしましたが、かなり面白いロッドだと思います。ただ、あまりにも値段が高いので、基本的には取り寄せでの販売になってしまうと思います。
IMG_20130107_153053.jpgIMG_20130107_152959.jpg

ロッドの重さはセンターで330gで基本的にはコンパウンド用のロッドになりますが、Vバーのセッティングではない場合はリカーブでも使用できるかと思います。ちなみに、HMC plusにダンパーを付けてウェイトを2つつけると260gくらいです。
ロッドの方は2万円近いアメリカ製のロッド(B-stingerやDoinker)と同等レベルの剛性があります。ただ、ダンパーを取り付けることができないので、細かい振動はとりづらいです。
さて、このロッドの特徴は特許申請中のTLT(True Lenghth テクノロジー)というもので、ロッド全体の長さを変えることなく、ロッドの重さと重心を変更することができ、かつ、重心の位置を的から見て左右に移動させることもできます。
rev_weight.jpg
DSC00536.jpg
DSC00538.jpg
DSC00542.jpg
DSC00541.jpg
DSC00539.jpg

ウェイトはレンチを使ってねじ込んでいきます。このネジ式のウェイトは1つが21gと通常のスタビライザーのウェイトの8割くらいの重さです。このウェイトを立てに並べたり、横に並べたり、片方に寄せたりすることで、全体の重心やスタビライザーの挙動の微調整ができる(かつロッドの長さは変わらない)というのが、このスタビライザーの最大の特徴です。
この機能が通常のロッドにプラス1500円くらいでついていれば、個人的にはすごく楽しそうなのですが、問題はその値段…HMC plusなら2本買っても、おつりがくる値段です。
ロッド単体の性能に値段をつけるとしたら、18,000円くらいが妥当かなと思いますので、このリボルバー機能に6,800円もかかることになります。それを受け入れられるのであれば、すごく画期的な機能だと思います。21gのウェイトを最大で9個つけられるので、180g程度さらに重くすることができます。ウェイトは3つで1000円なので、こちらはむしろ通常のウェイトよりも安いですね。
ちなみに、このリボルバーの穴は5/16のメスねじではないです…残念。
サイドとして8.5インチと12インチが入荷しています。カタログではメーカー名がついていますが、これはシールなので、届いたときにはマット色のロッドです。
センターは30インチを2本在庫します。24インチ~36インチまでで、0.5インチ刻みで特注することも可能です。その場合の納期は4週間程度になりますが、どうせこの値段を出すならカスタムでもしますかね。。色はカーボンブラックのみ、リボルバー部分はシルバーのタイプもあります。
STOKERIZED 2013 カタログ
http://archery-shop.jp/catalog_CP/Stokerized2013.pdf

今はS3スタビライザーというこれまたマイナーなロッドを使っていますが、もしこのロッドの在庫分が売れ残ったら、このロッドに移行する予定です。


The following two tabs change content below.
Ryo

Ryo

山口諒 - JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、2014年コンパウンドに転向、2018年よりベアボウに挑戦中。リカーブ・コンパウンド両方で全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。

2 thoughts on “Stokerized 2013年 リボルバー・カーボン

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんにちは。
    リボルバー部分の外縁の肉厚が、カタログ写真とブログ写真?とで違うように見えるのですが?
    ウェイトが別売りということはロッド価格+少なくともあと1,000円は必要ということですね。確かに高い・・・(^^;;;

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    確かに若干違っていますね。ブログの写真のほうが実際に入荷しているものですので、参考にしていただけたら幸いです。
    値段は…仕方ないですね。アメリカではものづくりの国内回帰が起きていて、メーカー出荷出荷価格は毎年上がっています。
    > こんにちは。
    > リボルバー部分の外縁の肉厚が、カタログ写真とブログ写真?とで違うように見えるのですが?
    > ウェイトが別売りということはロッド価格+少なくともあと1,000円は必要ということですね。確かに高い・・・(^^;;;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。