この記事は2013年1月15日に書かれたものです。1年以上前の記事は内容が書かれた当時とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

2013年の初契約 USA ARCHERY – ARCHERY

97814504202041_zoom.jpg

2013年初の大仕事が終わりました(正式にはこれから始めるのですが…)。アメリカのUSA ARCHERYと、その傘下のナショナルコーチたちによる、最新のアーチェリー技術ガイド”ARCHERY”の日本での翻訳権を獲得しました。1か月前に発売されてから、すぐにキンドルで購入して読み、1月から交渉していました。
日本でも有名なリー・キーシクさんや、プッチ・ジョンソンさんをはじめとして、アメリカのアーチェリーを支えてきた人たちが、それぞれに自分の専門分野でのノウハウを書いています。各チャプターの割り振りは下記の通りです。リカーブからコンパウンド、チューニングからチームのつくり方まで網羅した内容です。
*各章の題名は自分の即興の直訳です。完成時には違う題になっていると思います。


第一章 競技志向のアーチャーになる
プッチ・ジョンソン
第二章 道具とチューニング
Mel Nichols(前ナショナルコーチ)
第三章 ”Shot Sequence”を身につける
Guy Krueger
第四章 詳解 : セットアップ
リー・キーシク
第五章 詳解 : ドローイング
リー・キーシク
第六章 詳解 : 射の完成とは
リー・キーシク
第七章 コンパウンドシューティング
Mel Nichols(前ナショナルコーチ)
第八章 効果的な練習をする
リー・キーシク
第九章 アーチャーのためのフィジカルトレーニングと栄養学
Guy Krueger
第十章 アーチャーのためのメンタルトレーニング
リー・キーシク
第十一章 勝利への道
プッチ・ジョンソン
第十二章 試合とピーク・パフォーマンス
Sheri Rhodes
第十三章 キャデット・アーチャーの育て方
Diane Watson
第十四章 サポートチームのつくり方
Robby K. Beyer


翻訳の終了がおそらく2月末。そこから編集作業をして、4月をめどに出版する予定です。
トップコーチによる最新のアーチェリー技術ガイドですが、USA ARCHERY様等のご厚意によって、非常に権利代が安かったので、この本(200-250ページを予定)もそれなりに安く販売できるのではないかと思います。
ご期待ください。

プッチ・ジョンソンさん好きです…特にあるセッティングは何度真似したことか(うまくいかなかったけど)。。フランジィーリとは違う意味での異端のアーチャーでした。


The following two tabs change content below.
Ryo

Ryo

山口諒 - JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、2014年コンパウンドに転向、2018年よりベアボウに挑戦中。リカーブ・コンパウンド両方で全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。

10 thoughts on “2013年の初契約 USA ARCHERY – ARCHERY

  1. SECRET: 0
    PASS: fd86b1690d9947ce9b79c780cdbdb1d3
    何故かAmazonよりちょっぴり安くなってました。翻訳が出たら買わねば。
    第五章「ドローイング」の中に「Loading(弾を込める?)」という箇所が有りました。なんでここで矢をつがえる話が出るのかと、思えばドローの最終段階のことでした。「射線に乗せる(load)」みたいな感じこの言い方、普通なんでしょうか?

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    検索したら、何か所もLoading という言葉が使われていますね。英語の意味は「Loading is the insertion of impedance into a circuit to change the characteristics of the circuit.」ですが、弾をこめるよりも、パソコンの「Now Loading」のほうが有名かもしれないですね。
    >「射線に乗せる(load)」みたいな感じこの言い方、普通なんでしょうか?
    この本で使われている意味ですが、手元のキンドルでは「784/3497」というページに、12行にわたって意味を解説しています。一般的な言葉ではないかもしれませんが、本の中で言葉の定義をしてから使っていますので、混乱することはないかと思います
    > 何故かAmazonよりちょっぴり安くなってました。翻訳が出たら買わねば。
    >
    > 第五章「ドローイング」の中に「Loading(弾を込める?)」という箇所が有りました。なんでここで矢をつがえる話が出るのかと、思えばドローの最終段階のことでした。「射線に乗せる(load)」みたいな感じこの言い方、普通なんでしょうか?

  3. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    USAアーチェリーすごく興味があるのですが、いつ頃の発売になるのでしょうか?よろしくお願いします。

  4. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    USAarcheryすごく楽しみにしているのですが、いつ頃の販売になるのでしょうか?よろしくお願いします。

  5. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    翻訳は4月ごろに完成していますが、それだけでは、アメリカのアーチェリーへの理解が完全にできないではないのではないと思われたため、現在、まず、体系的にアメリカのアーチェリーへの理解を深めるための本を優先して編集中です。23章中16章完成しています。もうしばらくお待ちください。出版の順番が変わり申し訳ございません。
    > USAアーチェリーすごく興味があるのですが、いつ頃の発売になるのでしょうか?よろしくお願いします。

  6. USAアーチェリーの翻訳版、もう発売されていますか?
    また、重ねてのお尋ねですが、とても興味があるのですが、前のコメントで”体型的にアメリカのアーチェリーへの理解を深めるための本を・・・”とありますが、USAアーチェリー1冊では難しいのでしょうか?

  7. まだ、発売できていないです。申し訳ございません…。言い訳になりますが…最終確認業務の時間が取れそうになると、いきなり1か月で3-4円も円安になって、結局仕入れ・価格調整に時間に割くことになってしまうという事態が3度ほど続き、為替レートが安定すると一気に仕事が進むのですが…。すみません。

    >USAアーチェリー1冊では難しいのでしょうか?

    難しいということはありません。イギリス発祥のアーチェリーというスポーツ全体で、海外の本を読んだり、翻訳するとよく思うのですが、アーチェリー文化全体の中で、日本は勝つための知識・ノウハウのみを輸入してきました。翻訳も輸入された知識に基づいて、わかりやすく行われています。なので、うまくなるためには、USAアーチェリー一冊のみで十分です。

    ただ、自分の思いとしては、勝利するための知識・ノウハウだけに価値があるとは思いません。例えば、アーチェリー用の弦はいくつもありますが、オリンピック競技で使用されるのは、エンドレスループ型と呼ばれるものだけです。日本ではエンドレスループ型のみが弦ととらえられていますが、ほかにも種類はありません。それらを知ることはグルーピングの向上にはつながりませんが、よりアーチェリーに対する理解が深まり、より”豊な”アーチェリーライフに繋がるのではないかと思っています。

  8. ご回答、ありがとうございました。1/8に発売を尋ねた者です。
    発売はいつ頃になりそうですか?また目途がたったら、すぐ貴HPにて発表していただけると嬉しいです。最近スコアも下がり、射形も崩れてしまい、本でじっくり学びたく思っております。既に発売されているのを本の購入も検討しておりますが、できれば米国で評判の良いUSAアーチェリーの日本語版を購入いたしたく。発売を楽しみにしております。よろしくお願いいたします。

  9. USAアーチェリーすごく楽しみです!!
    いつ発売になるのでしょうか・・・よろしくお願いします!!

  10. 遅れてます…すみません。増税対応で手いっぱいです…こんなことになるとは想像していませんでした。本当申し訳ないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。