この記事は2013年1月4日に書かれたものです。1年以上前の記事は内容が書かれた当時とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

2013年 あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
昨日に1年間稼働してくれたシステムまわりの点検をして、今日から本格的に業務開始です。
店舗は営業日ではない大久保店を除き、本日より営業しております。完成矢製作費無料&アローケース無料キャンペーン行っております。
さて、早速といろいろ新しい情報が入っております。新年一つ目はSFの新しいバックパックにしようと思っていましたが、倉庫が新年の出荷で忙しいようなので、順番を変えてこちらだけでかけることから書きます。

RHTS8001Too Simple 3

まず、Carterの新しいリリーサーが正式に発表されました
TOO SIMPLEというトリガー式のリリーサーで、既存のSimple Oneをベースにしたモデルです。カタログによれば、「単純にネジを回すだけでトリガーのテンションを微調整することができ、加えて新たに改良された自動クロージングジョーによってよりきれいなリリース、さらにボタンひとつで簡単にDループに取りかけられます。Simple 1 同様、Too Simpleも非常に持ちやすいハンドルと、矢速を速くするために自動ロックジョーのついたウルトラショートリリーサーヘッドを装備しています。」
とのことです。弊社に納品されるのは1月後半の予定です。
それと、KAYAの2013年の価格表が届きました。注目していたK3カーボンハンドルですが、良い価格付けですね。販売価格でいうと3万円を切れます。これでForged+のように加工の精度に問題がなければ、なかなか独自のポジションを持つハンドルになるのではないかと思います。
また、立体加工の金属プレートをもつSOULゴールドタブですが、こちらは高いです。円安の影響もあり、販売価格はKSLのタブと同じくらいになってしまいそうです。
KAYAに関しては、すべて1月末に出荷される予定で、入荷は2月の初めを予定しています。
また、SFと新しいバックパックとEASTONのQH100/QF50クイーバーの新色(デザインの変更はなし)の紫が倉庫に届いているはずですが、本日の出荷が終了して落ち着いてから紹介したいと思います。


The following two tabs change content below.
Ryo

Ryo

山口諒 - JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、2014年コンパウンドに転向、2018年よりベアボウに挑戦中。リカーブ・コンパウンド両方で全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。