この記事は2012年12月31日に書かれたものです。1年以上前の記事は内容が書かれた当時とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

2012年ありがとうございました。

今年最終の記事です。
社員は全員冬休みで、今日は久しぶりに1人だけで全部の仕事をやりました。倉庫のHMC PLUSの黒/金の在庫の場所が変わっていて…10分だけ探し回ることに…。
2012年は創業して5年目の年でした。
JPアーチェリー 大宮・千葉・京都・大久保の4店舗に、今年はのべ7,062名のお客様に来店していただきました。
本当にありがとうございました。
来年もより良い商品とサービスを提供できるよう努力していきます。
*自分も1月1日と2日は休みをとる予定です。2013年は3日から仕事始めます。社員は4日が仕事始めです。新年初めにポーニングとカーターの入荷を予定しています。


The following two tabs change content below.
Ryo

Ryo

山口諒 - JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、2014年コンパウンドに転向、2018年よりベアボウに挑戦中。リカーブ・コンパウンド両方で全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。

7 thoughts on “2012年ありがとうございました。

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    今年もいろんな弓具や備品を安く提供していただきありがとうございました。(品揃えの点でS社やH社も利用しましたが金額的には圧倒的に御社です!)
    また地方なのでいろんな質問にも答えていただきありがとうございました。(匿名でも管理者からはIPアドレス等でバレバレなんでしようが (^^;)
    来年早々にもまた注文させていただきます。よろしくお願いいたします。

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    あけましておめでとうございます。
    早速ですが、66"の弓を作るとき、23"+ Mリム と 25"+ Sリム とを比較するとそれぞれにどのようなメリット、デメリットがあるのでしょうか。
    最終判断は選手の好みなのでしょうが、理論的な裏付けをよく説明した上で判断させたいと思っています。
    イメージ的にはリムは短い方がその性能を引き出せそうな感じがするので…(どちらを選んでもストリングハイトの調整でどうにでもごまかしが効くものでしょうか?それでも理論的にはどちらが有利なのかが知りたいです)

  3. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    コメントありがとうございます。
    2013年もよろしくお願いいたします。自分もより一層勉強し、より的確な回答ができるよう努力いします!
    > 今年もいろんな弓具や備品を安く提供していただきありがとうございました。(品揃えの点でS社やH社も利用しましたが金額的には圧倒的に御社です!)
    > また地方なのでいろんな質問にも答えていただきありがとうございました。(匿名でも管理者からはIPアドレス等でバレバレなんでしようが (^^;)
    > 来年早々にもまた注文させていただきます。よろしくお願いいたします。

  4. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    あけましておめでとうございます。
    > 早速ですが、66"の弓を作るとき、23"+ Mリム と 25"+ Sリム とを比較するとそれぞれにどのようなメリット、デメリットがあるのでしょうか。
    68インチを作るときには、いろいろと議論がありますが、66インチを作るときは、23インチのハンドルを選ぶことはまずないと思います。
    お客様の情報をもう少しいただければ、より良いアドバイスができるかと思います。
    また、一般論としては、23インチと25インチがあるハンドルで、23インチのハンドルを選択された方がメリットがあるケースは…ちょっと思いつかないです。もしかしたら、あるかもしれませんが…かなり特殊な場合だけだと思います。
    > 最終判断は選手の好みなのでしょうが、理論的な裏付けをよく説明した上で判断させたいと思っています。
    25インチのメリットは例えば、ウィンドウが長いことです。ウィンドウが短いと、まず、サイトがハンドルに被って、サイトピンが見えません。実際にHOYTなどで起きている問題です。なので、ポンドがある場合には、25インチになります。
    次に、引き尺が短い場合(66インチということですので)は、リムが短い方が、リカーブがより効きます。リカーブを効かせた方が点数が出るとは言えませんが、矢尺が短く、パワーストロークが短い場合には、ほぼ確実によりリカーブを効かせた方が、リムの性能を生かすことができ、点数が向上します。
    また、ハンドルは25インチの方が重くなりますが、現状、23インチと25インチの選択肢があるハンドル(WINACT XT / INNO CXT / X-Appeal)はいずれも重いハンドルではなく、さらに、軽さだけなら、一番軽いのは25インチのハンドルです(FB6.3)。
    なので、逆に矢尺が長く(28以上)、ポンドが弱く、ハンドルは軽くしたいけど、アルミは嫌だという、条件でない限り、23インチにするメリットがないように思いますが、そのような人は66インチをまず選択すべきではありません。
    > イメージ的にはリムは短い方がその性能を引き出せそうな感じがするので…(どちらを選んでもストリングハイトの調整でどうにでもごまかしが効くものでしょうか?それでも理論的にはどちらが有利なのかが知りたいです)
    もちろん、ハイトである程度は調整することは可能ですが、23インチの場合、25インチと同様のリカーブを得るためには、ハイトを高くする必要があります。ハイトを高くすることはパワーストローク(引き尺 – ブレースハイト)を短くすることになるので、66インチで悩んでいるということは、引き尺は長くないと予想しますので、そのようなチューニングはいい効果をもたらさないと思います。
    こんな感じの返信でよいでしょうか。もう少し詳細の状況を教えていただければ、より詳細に返信させていただきます。
    > あけましておめでとうございます。
    >
    > 早速ですが、66"の弓を作るとき、23"+ Mリム と 25"+ Sリム とを比較するとそれぞれにどのようなメリット、デメリットがあるのでしょうか。
    > 最終判断は選手の好みなのでしょうが、理論的な裏付けをよく説明した上で判断させたいと思っています。
    >
    > イメージ的にはリムは短い方がその性能を引き出せそうな感じがするので…(どちらを選んでもストリングハイトの調整でどうにでもごまかしが効くものでしょうか?それでも理論的にはどちらが有利なのかが知りたいです)

  5. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    年始業務でお忙しい中、長文の返信ありがとうございます。
    >もう少し詳細の状況を教えていただければ、より詳細に返信させていただきます。
    自分がみている選手(中学女子)は矢尺が680mm(≒26 3/4インチ)、引き尺(AMO規格…ノック底~ピボットポイント)が655mm(≒25 3/4インチ)なのですが、某有名コーチの助言もあり 64"から 66"( 25"+Sリム)に移行中(25"で年末お世話になりました!(^^ )です(64"ではインドアでサイトが取れなかったことも一因です…現在 64"でポンドを落として対応中)。
    相談の選手は中学男子で矢尺が692mm(≒27 1/4インチ)、引き尺が623mm(≒24 1/2インチ)なのですが、現在 66"( 23"+Mリム36ポンド)を使用中(実質ポンドは35.5ポンド程度)です。今後ポンドアップに向けてリムの買い替えを考えるにあたって、周囲からはこの際〔 23"+Mリム⇒ 25"+Sリム〕への変更をアドバイスしているところです。( 23"+Sリム⇒ 23"+Mリムは担当ジュニアコーチの指導)しかし資産の大幅な変更を伴うことから、それなりの理論的根拠に基づいて助言したいと考えています。(成長期とはいえ矢尺が長すぎることは指摘しています)

  6. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    >相談の選手は中学男子で矢尺が692mm(≒27 1/4インチ)、引き尺が623mm(≒24 1/2インチ)なのです>が、
    この部分が一番大事なポイントかと思います。こればかりは、正確に予想できることではありませんが、現在中学生で、今後高校3年までアーチェリーを続けると考えた時には、矢尺が伸びない可能性はかなり低いと思います。
    一番の理論的な根拠は「体の成長」かと思います。ただ、本人が、今後1年程度しかもう続けないということであれば、買い替えの必要性はあまりないのではないでしょうか。
    後はお客様の予算の問題ですので、プロショップとしてアドバイスすることは難しいです。現状、HOYTの在庫処分が終わり、WINの在庫処分はなさそうな状況ですので、特別に安く案内できるよいハンドルもないです…。
    やる気があり、体も点数も成長しているのであれば、同じ6万円の予算なら、6万円で最上位のリムを購入するよりも、4万円のハンドルに2万円のリムにした方が、将来的には良い結果をもたらすのではないかと思います。
    中学生・高校生ですと、例えば、6万円のリムの買い替えで、より下位のリムへ移行することは気持ち的には嫌がる方が多いように思いますが、トップ選手でも、調整期・移行期で下位のリムや型落ちのリムを使うことはよくあることですので、選択肢としてはありなのですが…気持ちの部分が大きいスポーツなので、やはり難しいかもしれないですね。
    > 年始業務でお忙しい中、長文の返信ありがとうございます。
    >
    > >もう少し詳細の状況を教えていただければ、より詳細に返信させていただきます。
    >
    > 自分がみている選手(中学女子)は矢尺が680mm(≒26 3/4インチ)、引き尺(AMO規格…ノック底~ピボットポイント)が655mm(≒25 3/4インチ)なのですが、某有名コーチの助言もあり 64"から 66"( 25"+Sリム)に移行中(25"で年末お世話になりました!(^^ )です(64"ではインドアでサイトが取れなかったことも一因です…現在 64"でポンドを落として対応中)。
    > 相談の選手は中学男子で矢尺が692mm(≒27 1/4インチ)、引き尺が623mm(≒24 1/2インチ)なのですが、現在 66"( 23"+Mリム36ポンド)を使用中(実質ポンドは35.5ポンド程度)です。今後ポンドアップに向けてリムの買い替えを考えるにあたって、周囲からはこの際〔 23"+Mリム⇒ 25"+Sリム〕への変更をアドバイスしているところです。( 23"+Sリム⇒ 23"+Mリムは担当ジュニアコーチの指導)しかし資産の大幅な変更を伴うことから、それなりの理論的根拠に基づいて助言したいと考えています。(成長期とはいえ矢尺が長すぎることは指摘しています)

  7. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    回答ありがとうございます。
    今後、高校進学しても国体をめざし競技は継続予定です(しかし部活動がない進学校なので個人活動で継続)。
    父兄と予算も含め検討したいと思います(現在 CXT+EX POWER 使用中)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。