この記事は2012年12月6日に書かれたものです。1年以上前の記事は内容が書かれた当時とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

リカーブは2013年に向けてスタート

8月末のUUKHAの2013年モデルの発表に始まり、先日のWINの発表で、リカーブ各社の2013年モデルが出そろいました。(コンパウンドではBowtechがまだ2013年の発表をしていません…10月17日に1月7日に何かハーレーのようなものを発表すると予告して終わっています)
新しい2013年モデルではWINのINNO MAX以外はもうすでに入荷していますので、それらの商品をテストしながら、2013年の方向性を考えていす、リカーブショップにとっては難しい1年になりそうな気がしています。
国内で売れ筋で、かつ、評判が高いモデルはGMXハンドルとWINEXハンドルが2009年と(2013年を基準に考えると)4年前、INNO CXTハンドル/INNO EX POWER/PRIMEリムが2010年の発売で3年前です。
練習の頻度にもよりますが、週2-3日で練習しているのであれば、3~4年という一つの買い替えのサイクルになると思いますが、例えば、3年間使用したGMXとINNO EX POWERという組み合わせから、最新のION-XとF7リムという組み合わせに、12万円近いお金を使って買い替えた時に、どれほどの違いがあるのかと言われると、飛躍的に違いを感じ取るのは難しいと思います。
10月に東京で地域の試合に参加した時に、まわりの方の弓のセッティングをずっと見ていましたが、多くの方がすでに多くの方が十分にいい弓をお持ちで、たとえ店舗に来店されて相談を受けても、スタビライザーの買い替え・セッティング変更くらいしかもう道具の面でやることのない方の多さに驚きました。

関東では毎年多くの大学生が参加する個選の平均点が毎年上がっていますが、弓の選択についてのノウハウが成熟してきているのも、要因の一つかなと思います。言われるがままに高い弓を買う人の割合も減っているように感じます。
テックブリッジデザインのION-Xにしても、重量を増してハンドルの強度と安定性を高めたINNO MAXにしても、ドローレングスが長く、高ポンドを使用しているアーチャーにとっては、新しい選択肢として、ぜひ、検討していただきたいと思いますが、引き尺で27インチほどまでで、40ポンド以下のポンドで、GMX/RX/HPX/CXT/MKX10/WINEX/Ultimate/X-appealあたりのハンドルや、990TX/EX POWER/EX PRIME/VERA/MK1440/UX100/RCX-100あたりをすでにお使いの方は、すでに十分にいいモデルを使用していますので、2013年モデルは見送るのが賢明な選択肢になるのではないかと思います。
矢やスタビライザーにお金をかける年にするのがいいのではないかと思います。INNO MAXは実射していないので断言はできませんが、CXTでも、ウェイトを付けずに(1,200g弱)使用している方が多い状況で、1,300gを超えてくるハンドルは、確実に重さという点だけでも、選択するのが難しくなるのではないかと思います。
お客様にアドバイスを求められた時でも、十分にいいモデルを使っている場合には、再考を即している状況なので、2013年のハンドル・リムの売り上げで買い替え需要の分の売り上げはかなり減るのではないかと思います。2012の半分になっても不思議じゃないですね。
まぁ、2008年もこんな感じの年だったと記憶していますので、5年周期でこういう新しく売りだす高額商品が多くない年が来るのかなと。なので、2013年は新しいメーカーの開拓や紹介に時間を使おうかと思います。
2012年はGMXなどのコストパフォーマンスがよすぎて、FivicsやKAYAのハンドルを売る機会もあまりなかったのですが、GMXは値上げされて高くなり、WINの商品の新しい価格は聞いていませんが、値下げはまずない状態だと思います。対して、新興メーカーは値下げせずにかんばるところが多いので、老舗メーカーとの価格差が広がってくれば、販売していく余地も生まれるのではないでしょうか。
2013年は今までの延長上ではなく、新しいものをいろいろと試して取り入れていく年になるのではないでしょうか。


The following two tabs change content below.
Ryo

Ryo

山口諒 - JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、2014年コンパウンドに転向、2018年よりベアボウに挑戦中。リカーブ・コンパウンド両方で全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。

11 thoughts on “リカーブは2013年に向けてスタート

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんにちは。
    今使っている弓が5年を越えたため、今後ION-X(リムはF7ウッド)かMKX10(リムはマッハ3)のどちらかに弓を替えようか考えています。正直かなり細いグリップで、強めにポンドが出る従来の弓とは違うION-Xに気持ちが偏っていますが、本文を拝見する限りでは、私は「ポンドも40なく、引き尺も27ない」に該当するため、選択肢から外して、MKX10にした方がよいということで合っていますでしょうか?

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    >私は「ポンドも40なく、引き尺も27ない」に該当するため、選択肢から外して、
    >MKX10にした方がよいということで合っていますでしょうか?
    現在、お使いの弓がすでに5年を超えているということは記事のモデルには該当しないと思いますが、どのようなハンドルをお使いでしょうか。
    また、40ポンド以下で引き尺がATA標準より短いようでしたら、ION-XよりもHPXの方がお勧めです。
    >正直かなり細いグリップで、強めにポンドが出る
    HPXとION-Xと同じグリップで、ピボット設計も同じですので、同様にポンドも強く出ます。
    > こんにちは。
    >
    > 今使っている弓が5年を越えたため、今後ION-X(リムはF7ウッド)かMKX10(リムはマッハ3)のどちらかに弓を替えようか考えています。正直かなり細いグリップで、強めにポンドが出る従来の弓とは違うION-Xに気持ちが偏っていますが、本文を拝見する限りでは、私は「ポンドも40なく、引き尺も27ない」に該当するため、選択肢から外して、MKX10にした方がよいということで合っていますでしょうか?

  3. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    先ほど投稿した者です。
    使用しているハンドルはネクサスです。
    自分の引き尺は大体26くらいです。
    あと続けてですが、
    >また、40ポンド以下で引き尺がATA標準より短いようでしたら、ION-XよりもHPXの方がお勧めです。
    ION-XよりHPXの方がよい理由を教えてください。

  4. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    > ION-XよりHPXの方がよい理由を教えてください。
    ION-Xは剛性を高めるためにテックデザインを導入しています。高いポンドでは有効なデザインですが、その分、重心が体側に寄ってしまいます。
    ドローレングスが短い場合、長いスタビライザーを使用する事は難しいですので、現在のハンドルは同じ感覚でうつために、センタースタビライザーをかなり重くする必要があります。ただ、ポンドが低い状態で、重心調整のためにセンターをあまりに重くすると、今度はリムとのバランスが難しくなります。具体的にはティラーの調整が難しくなります。
    ですので、現在お使いの弓と同じようなバランスでうちたいのであれば、ION-Xハンドルを元にそのバランスを実現するのは簡単ではありません。であれば、HPXの方がいいのではないかと思いました。
    また、現在とは違って、バランスが体によるバランスでうちたいのであれば、ION-Xはよい選択肢だと思います。その場合、現在エクステンダーをお使いであれば、エクステンダーを使用しないで、SAボルトをネクサスハンドルに直接装着してうってみれば、それに近い感覚を試してみることができるかと思います。
    > 先ほど投稿した者です。
    >
    > 使用しているハンドルはネクサスです。
    > 自分の引き尺は大体26くらいです。
    >
    > あと続けてですが、
    >
    > >また、40ポンド以下で引き尺がATA標準より短いようでしたら、ION-XよりもHPXの方がお勧めです。
    >
    > ION-XよりHPXの方がよい理由を教えてください。

  5. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    返答ありがとうございます。
    参考にさせて頂きます。

  6. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    お世話になります。
    1) WINの2013モデルでINNO EX POWER/PRIMEリムはモデルチェンジ/マイナーチェンジはないのでしょうか?
    2) 買い替えのサイクル/リムの耐久性として、週1,500本/月6,000本ペースで練習している場合、どの程度を目安に考えればよろしいでしょうか?

  7. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    > 1) WINの2013モデルでINNO EX POWER/PRIMEリムはモデルチェンジ/マイナーチェンジはないのでしょうか?
    現時点ではないです。ただ、HOYTのF2リム(10月ではなく、4月に追加発表)のように、追加で発表される可能性はあります。すべての情報を確定情報として発信できるのは、2013年2月末になります。
    > 2) 買い替えのサイクル/リムの耐久性として、週1,500本/月6,000本ペースで練習している場合、どの程度を目安に考えればよろしいでしょうか?
    買い替えのサイクルというのは、リムの性能面だけでいえば、明確に存在するものではありません。使っていて、ねじれかポンドが落ちてきたら買い替えればいいと思います。
    環境によりもよりますが、練習場所に屋根がなく、常に紫外線にさらされている場所であれば、3-4年で塗装の劣化・変色が始まります(最新のリムはまだ経年変化のデータがないので、2006-2008年製くらいまでのリムの話です)。
    記事についていうと、上記のねじれやポンドが落ちてきた、またはポンドアップしたいという明確な理由があるお客様に対してのものではありません。明確な理由があるのであれば、特に、性能的な問題が起きているなら、翌年まで新モデルを待たずに、すぐに対処した方がいいと思います。ねじれた6万円のリムよりも、センターの通った3万円のリムの方がグルーピングするケースの方が多いです。
    ただ、すべてのお客さまがそういった明確な理由があって買い替えるわけではなく、「そろそろ新ものがほしい」「新しい技術を使ってみたい」と買い替えを検討されているお客様も多数おり、ただ、その場合に関しては、現状十分にいいリムを使われているのであれば、2013年前半までは買い替えを待った方がいいのではないかということです。
    また、記事内の3-4年というサイクルは、その程度の期間を置いて買い替えをすると、多くの場合で前モデルとのリムの違いが実感できる一般的な期間です。ただ、お客様の練習量(年72,000本)というのは、かなりの練習量です。その練習量を4年間維持した場合、リムが4年間(約30万射)同じ性能を発揮し続けられる可能性は高くないと思います。2-3年を一つのサイクルとして予算を考えた方がよいかと思います。
    > お世話になります。
    >
    > 1) WINの2013モデルでINNO EX POWER/PRIMEリムはモデルチェンジ/マイナーチェンジはないのでしょうか?
    >
    > 2) 買い替えのサイクル/リムの耐久性として、週1,500本/月6,000本ペースで練習している場合、どの程度を目安に考えればよろしいでしょうか?

  8. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    いつも丁寧な返信ありがとうございます。
    次期購入の参考にさせていただきます。
    >お客様の練習量(年72,000本)というのは、かなりの練習量です。
    才能がなく下手なので、とにかく練習量で補わないと他の選手とまともな競争が出来ないだけです。

  9. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    今度のオリンピックで金メダルを獲得したフランジィーリ選手で年間3~4万本の練習量ですので、7万本は大変な数だと思います。頑張ってください!
    > いつも丁寧な返信ありがとうございます。
    > 次期購入の参考にさせていただきます。
    >
    > >お客様の練習量(年72,000本)というのは、かなりの練習量です。
    > 才能がなく下手なので、とにかく練習量で補わないと他の選手とまともな競争が出来ないだけです。

  10. SECRET: 0
    PASS: 121b38744473994844c5535bfb08ccb7
    私わいまネクサスと990Txをつかっています。
    まだ初めてまもないのでアルミ矢です。
    にしても明らかに矢速がおそく、音もWinの商品よりも鈍いです。
    もしかえるとすれば、どうすればよいでしょうか?
    39.2で実質38ポンドです。
    ハンドルを変えるとすれば
    INNO AL,GMX,MKX10です。
    リムだけを変えるとするならば
    INNO EX シリーズ、サミックエクストリームシリーズです。
    回答よろしくおねがいします。

  11. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    コメントありがとうございます。いくつか質問させてください。
    > まだ初めてまもないのでアルミ矢です。
    > にしても明らかに矢速がおそく、音もWinの商品よりも鈍いです。
    もちろん、リムによる矢速の違いはありますが、
    目で分かるほどの違いが出るのであれば、それは矢の違いになるものだと思います。
    比較されているのは、同じようにアルミ矢を使用している方でしょうか、
    それとも、まわりのカーボン矢を使用している方と比較されているのでしょうか。
    カーボン矢を使用しているアーチャーとの比較でそのように感じられているのであれば、
    それは、矢の特性と重さの違いによるものです。同じようにカーボン矢にしていただければ、
    同じように感じになると思います。
    また、音は弦の違いによるところが大きいので、
    弦を重めの弦(FF+)などにして、ハイトとティラーをいろいろと変えていくと、
    音も変わりますが、確かに少し鈍い音はHOYTの特徴です。
    > もしかえるとすれば、どうすればよいでしょうか?
    > 39.2で実質38ポンドです。
    どのように変えたいかによります。
    コメントの内容を読む限りでは、「矢速を速くして、発射音をもう少しシャープな音に」されたいのであれば、
    道具的には、アルミハンドルにEX POWERかRCX-100リム、矢をACEにするのがいいかと思います。
    現在、ネクサスをお使いとのことですが、予算が限られているのであれば、
    ハンドルとリムを変えるよりは、リムと矢をACEにした方が効果は高いです。
    > まだ初めてまもないのでアルミ矢です。
    ただ、上記はあくまでも、道具だけで見た場合のアドバイスです。
    現在、アーチェリーを始めたばかりと書かれていますが、
    今の道具を選ぶにあたってアドバイスをされた方がいると思います。
    それには意味があります。
    現在の道具は「ミスが出やすい」セッティングになっているかと思います。
    上記のアドバイスに従ってセットしていくと「ミスが出にくい、ミスをカバーしてくれる」セッティングになります。
    一見、ミスをカバーしてくれるセッティングの方が当たるように感じられると思いますが、
    しかし、最初にうちには、あえて「ミスが出やすい」セッティングにすることで、
    ミスを「見える化」し、練習において自分の問題点がわかる方が効用は高いです。
    まだ、すべての技術が身についていない時点で、ミスをカバーしてくれるセッティングにすると、
    自分の射型には、まだ問題点がいっぱい残っているのに、点数だけは道具によって上昇し、
    射型の問題点がわからなくなり、上達が妨げられます。
    現在、お客様のレベルはコメントだけではわかりませんが、
    道具だけについてアドバイスするなら、EX POWERリムとACEシャフト、
    さらに予算があるのであれば、ハンドルをAL1かGMXかMKX10にすることで、
    ご希望の弓を手に入れることができるかと思いますが、
    購入のタイミングは指導者の方と相談し、
    「ミスが出やすい」セッティングから卒業する時期での買い替えをお勧めします。
    > 私わいまネクサスと990Txをつかっています。
    > まだ初めてまもないのでアルミ矢です。
    > にしても明らかに矢速がおそく、音もWinの商品よりも鈍いです。
    >
    > もしかえるとすれば、どうすればよいでしょうか?
    > 39.2で実質38ポンドです。
    >
    > ハンドルを変えるとすれば
    > INNO AL,GMX,MKX10です。
    >
    > リムだけを変えるとするならば
    > INNO EX シリーズ、サミックエクストリームシリーズです。
    >
    >
    > 回答よろしくおねがいします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。