この記事は2012年11月20日に書かれたものです。1年以上前の記事は内容が書かれた当時とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

F2F ARCHERY 終了、PRO COMP ELITE XLに変更したレオ・ワイルド選手が優勝


先日、アムステルダムでF2F(フェイス・トゥ・フェイス)トーナメントが行われました。最近、成長している国際大会で、オランダで行われています。
多くのスポンサーが付いていて、また、展示会も同時に行われています。ニームやベガスと同じような形式です。ただ、この大会は、まだ、メーカー出店ブースが少ないので、ディーラーとして参加するにはちょっと早いかなと思っています。
http://www.face2face-archery.org/
リカーブの方はヨーロッパの選手同士の対決で、さすがにもうION-Xに乗り換えて、結果を出している選手はいませんでした。
F2F_DA1_8031.jpg

コンパウンドの方は2013年モデルに乗り換え、緑ハンドルから、黒ハンドルに緑ダンパーになったレオ・ワイルド選手がプロ・コンプ・エリートのXLモデルで優勝しました。150/150という満点です。おめでとうございます!
上のビデオですが、中継ビデオをそのままアップしているようで、実際の試合開始は17分ごろです。お急ぎの方は17分あたりから再生を。
また、WINの新製品ですが、2013年モデルの正式発表日はまだわかりませんが、12月の15日ごろまでには発表されるかと思います。ただ、毎年案内していますが、HOYTのようにすぐに入荷はしません。例年、翌年の2月末から3月の中旬ごろの入荷です。


The following two tabs change content below.
Ryo

Ryo

山口諒 - JPアーチェリー代表。担当業務はアーチェリー用品の仕入れ。リカーブ競技歴13年、2014年コンパウンドに転向、2018年よりベアボウに挑戦中。リカーブ・コンパウンド両方で全日本ターゲットに何度か出場、最高成績は2位(準優勝)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。