V-ZERO三兄弟とCEX7テスト中

IMG_20120516_150234.jpg

テスト中です。本日の夕方にカートにアップする予定です。
CEX7もいいですが、V-ZEROに新しく加わった仲間たちが予想以上に良い。
V-ZEROダンパーの正式名称(業者用の商品コード)はVZ-1000という名前ですが、そこに、VZ-1500とVZ-2000というダンパーが加わりました。
IMG_20120516_150432.jpg
素材は同じ硬いゴムを使用していますが、1500はそれをひと回り大きくしたもの、2000は1500を横に更に大きくしたものになります。


【お知らせ】デザイン(仕様)変更です

皆さんから好評をいただいています、Spot Hoggの「エッジ」レスト。
このエッジレストがデザイン(仕様)変更した、との案内がSpot Hoggから届きました。

下の写真は初期ロットの製品です。

次の写真は変更後の製品です。

変更点は、本体上部にあったエレベーション(上下)調整ネジ挿し込み口が、下側になりました。

変更前

変更後

変更前の下側から

変更後の下側から

Spot Hoggからの案内によると、上部にレンチの挿し込み口があると、弓のモデルやデザインによってはケーブルガイドバーや、サイトマウントブラケットが邪魔をして、「六角レンチがアクセスしにくい」とデザイナーは考えたそうです。

決して、取り付け間違いではありませんので、「逆ぅ~!」って突っ込まないでくださいね(笑)

Spot Hogg エッジレストは、店舗および「あちぇ屋CP店」で好評発売中ですヽ(^o^)丿


F4/F3の値上げとその理由

HOYTの2010年発売のF3リムとF4リムを今さらながら値上げしました。申し訳ございません。その理由についてです。
他店からも、続々と2012年度の価格について届いていますが、プロショップによっては、今回の自分の決定と同様に最新のF7リムとF4リムを同じ価格に設定するところがあるようです。F7リムは最新のリムの上位モデル、F4リムは2年前の中級モデルですので、まったく卸価格は違うのですが…
実は、確定ではありませんが、F4/F3リムは99%今年の7-8月で製造が終了します。10月でカタログ落ちします。そのために、HOYT自体が製造量を減らしています。さらに加えて、HPXが登場するまでは、Formula規格のリムはほとんど売れていなかったために、HOYTの代理店がF4/F3リムをそもそもあまり仕入れてしていません。
その2つの理由から、現在、F4/F3リムの入手が大変困難になっています。私たちの方で在庫が無いと、他のHOYTの代理店さんから在庫をもらうことになるのですが、ほとんどのサイズで他の代理店にも在庫がありません。かといって、HOYTにオーダーを出すこともできますが(2カ月ほど納品に時間がかかる)、例えば、5月末のタイミングだと、作ってもらえる微妙なタイミングで、2ヶ月待たせた上に、入荷できませんでしたという事態もあり得ます。
その為に、今回F4/F3リムの価格を値上げしました。ここまで値上げすれば、いつも在庫を譲ってもらっている代理店さんだけではなく、ほとんど取引のない(その為にうちに出荷する時の卸価格が高い…)代理店の在庫をもらっても、赤字ではなくなります。F7と同じ価格です。この価格でも欲しい方、日本中・世界中の代理店の在庫から探しても、納品させていただきます(…とは言ってもない場合もあります、本当にどこも在庫あまり持っていないリムなのです)。宜しくお願い致します。
ぼったくりではなく、上記の理由からの仕方なくの値上げです。ご理解下さい。弊社で在庫があるサイズのリムの価格は値上げしていません。
また、前回の記事で書きましたが、MKX10のゴールド色、特注で注文受けてくれました。右を3本発注しています。いつ納品かは不明ですが…オリンピック前には頼む。。。頼む。。。
後、期待のCEX7は来週の入荷で決まりました。


3位のKim WoojinもMKX10を使っていた

mkx1002.jpg

ワールドカップ第2ステージ。個人男子。
優勝したイム選手がMKX10を使っていたと書きましたが、代理店から連絡があり、3位のKim Woojin選手もMKX10を使っていたという話。。しかし、どちらもカタログに存在しないゴールドのハンドル。。。特注しようかな…。


ブローネルの最新原糸 XS2のレポート

xsd.jpg

京都店からのブローネルの最新の原糸XS2についての報告が届きました。
前に記事に書いたような気がしますが、今年のNimesの展示会にBCYは来ていたのですが、ブローネルがブースを出さない判断をしたので、8190はサンプルでいただいて詳細の説明も聞きましたが、XS2についてはほぼ情報が無く、いきなり代理店からサンプル原糸が届いた状態。
話を聞いてみると、8190と同じような細いダイニーマ弦のようです。今回は18本でBeiterのSノックがちょっときついと言っているので、8190より若干太いくらいですね。今までSノック用のダイニーマというと、ストランド数を増やしても16本位が限界でしたが、8190とXS2に世代交代していけば、今後は18本ダイニーマが主流になっていくかもしれませんね。
レビューはかなり好意的なものです。ただ、FF+もAstroも好評なので、原糸としてXS2の販売は開始しますが、完成弦で取り扱うかはちょっと時間を下さい。
とりあえず、上半期は
Astro – 太く安定感のある弦
8190 – 強く伸びが少ない弦
FF+ – 軽く高速な弦
8125G – スタンダードで平均的なHMPE弦で、かつ、耐久性を向上させたもの
Spectra – スタンダードで平均的なHMPE弦
の5種で行きます。あまりに種類が多くてもお客様も選びづらいと思いますし…。


レビュー 1
弦伸ばし 一晩、弦を張って放置 伸び 4mm
200射行射後 伸び 1mm未満
ストリングハイト : 225mm
ティラ― : +1mm
ストランド数 : 18ストランド
ループサービング : ナイロンサービング
センターサービング : 1Dサービング
実射における感想:
取りかけの感想は少し柔らかい感触がある。
実際にアンカリングまで持ってきても、柔らかく非常に行射を行いやすい。
かつての、ファーストフライトと類似した感覚を味わえた。
弦としては非常にいいもでこれからも使用したと考える。
レビュー 2
弦伸ばし 一晩、弦を張って放置 伸び 2mm
100射行射後 伸び 0mm
ストリングハイト : 240mm
ティラ― : 0mm
ストランド数 : 18ストランド
ループサービング : ナイロンサービング
センターサービング : 1Dサービング
実射における感想
非常に安定性のある弦です。
比較的扱いも楽で、かつ製作に関しても、弦に含まれるワックスが多くなく
FF+や8125のように製作時に手がべとべとになることもありませんでした。
今回の弦製作にあたり、製作時の弦のテンションをいつもと変わらぬ点所で
製作しましたが、弦の伸びも少なく良いものだと思います。
個人的な感想ですが、ファーストフライトの様な感じしました。


入荷予定と INNO EX POWER S28 どなたか!!

ゴールデンウィークの処理で…ゴールデンウィークで止まっていた荷物はみんな、動きはじめました。スピンとSFとTRU Ballは入荷済み。BeiterとWinners Choiceの荷物がちょっと遅れているようですが、週内には到着予定です。来週にFivicsから入荷がある予定で、CEX7の赤が先行入荷します。
また、SFの在庫補充がありました。今まで、一部のハンドルはカバーなしで、リムは弊社のカバーを付けて販売していましたが、今後、SFアーチェリーのすべてのハンドルとリムにはSFのハンドルカバーが付属します。価格の変更はありません。
INNO EX POWERの S28のリムは販売していないのですが、特注で仕入れた1ペアがキャンセルされてしまいました…前金で貰っていないのでどうしようもないので…特価品に追加しました。どなたかサイズが合う方がいれば宜しくお願いします。

nero-giardini.jpg

ネットで教えてもらった本日の1枚…何かがおかしい。。。。。。イタリアの「ネロジャルディーニ スポーツ(NERO GIARDINI Sport)」というメーカーさん。


TruBallからNewリリーサーが到着♪

 2012年のTruBallの新製品リリーサー、CENTER-X(センターエックス)が入荷しました!

ちなみにこのセンターエックスには、他に「S1」「G1」「G2」とありますが
当店で取り扱うのは、「S2」モデルのノーマルバックルタイプとスピードバックルタイプです。

「1」と付くものはトリガーレバーがストレート形状で、「2」と付くものは湾曲形状。
「G」と付くものは本体とリストをつなぐコネクション部分が、バータイプのものとなり、
「S」と付くものはベルトタイプとなります。
念のため下のメーカー写真もご覧くださいね。「S2」は右から2つ目です。

ノーマルバックルとは、いわゆる一般的なベルトバンドの留め金式。
スピード(SP)バックルは、下のメーカー写真のように「T字型」の留め具により、素早く脱着が出来るというものです。

もし、この「S2」以外のモデルをご希望の時は、取り寄せ対応となりますので詳しくはお問合せ下さいね。

さて、このセンターエックス。
一番の特徴はコッキングレバー方式を採用した事です。

*トリガーレバーの反対側にコッキングレバーがあります。
*手前の金色部分がフックです。

これにより、フックにかかるストリング(ポンド)の強さに比例するトリガーレバーの抵抗感が一定化しました。
一般的なハンドヘルド式リリーサーでは当たり前の事だった部分が、リスト式にも採用されたので、ちょっとリスト式タイプも試してみようかな・・・って方にはうってつけのリリーサーとなります。
当然、トリガーの感度調整やトラベル調整もできますので、さらに自身の感覚にマッチしたセッティングが可能となります。

特にターゲット競技を意識したこの「CENTER-X」。
ぜひご注目ください!


【確認情報】 MKX10 世界新と初タイトル

mkx10.jpg

先日、未確定で記事を書きましたが、確定ですね!
間違いなくMK KOREAのMKX10です。
また、この弓で世界新だけでなく、ワールドカップステージ2での個人優勝をゲットしました。
納期は未定ですが、ジュラルミン合金を使用したこのハンドルの価格は結構ハンパないです。
価格はもう届いていますが、8万円程度で販売できるよう検討しているとこです。卸価格でHPXの1.3倍くらいなので、定価は13万円越えしますよ…たぶん。


新店舗への目印。

 昨日、大久保通り沿いの新店舗へ移転完了し営業を行っている”新”大久保店ですが、改めて目印となる様子をご案内します。

写真左奥に見えるのが山手線新大久保駅。そして、右手前に見える「まるす・洋品・寝具」と掲げられた看板があるビルが当店の入るマルスビルです。


次の写真。
右奥の樹木に隠れていますが、奥にあるのが中央線・総武線各駅の大久保駅。
写真左に見える「洋品・寝具」の看板があるビルが当店が入っているマルスビル。


最後の写真。
このレンガ調のビルの8階に大久保店があります。
ビルの右脇にある入口を入り、エレベーターで8階へお上がりください。
1階は寝具などを販売しているマルスさんです♪

皆さんのご来店をお待ちしておりますヽ(^o^)丿


新店舗へ移転完了!

実はまだそろっていない家具などがあるのですが、一通りお客様をお迎えできる環境まで整いました♪

近射距離も今までの約5mから約8mまで延びました(^_-)

ちなみに僕の椅子にワガモノ顔で座っているのは、先月京都店から転勤してきました坂本です。

新しく、やっと(?!)店舗らしくなった”新”大久保店へ皆さん遊びに来て下さいねヽ(^o^)丿