この記事は2012年3月22日に書かれたものです。1年以上前の記事は内容が書かれた当時とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

Spot Hogg エッジレスト

先日入荷しました、スポットホッグの新レスト「ザ・エッジ」
 
さっそくスポットホッグのホームページではレオ・ワイルド選手がこのエッジレストを使って活躍したよ!って記事がアップされていたりします。

では、詳しく見ていきましょう。

エレベーション(上下)調整のボルトです。
これを回して上下の調整を行います。
調整後の固定ボルトなどを締める必要はありません。便利です~。
ちなみに下側の目盛りは左右用の目盛りです。


そして、側面についているウィンデージ(左右)調整ボルトです。
こちらも調整後の固定ボルトなどを締める必要はありません。
ちなみに奥側に見える目盛りは、上下用の目盛りです。

次に、このエッジレストの特徴である、ブレードの角度調整部分です。

こちらは固定ボルト(矢印)がありますので、ゆるめてからの調整です。

「DOWN」のマークの方向に回していくとブレードが“寝ます”。
寝かすことで、ブレードが柔らかく出ます。ただしベインのクリアを考慮した角度にとどめてくださいね。
反対に回すとブレードが“立ち上がります”。
立たせると硬く出ます。適度な角度にとどめましょう。
直立したブレードって見たこと無いですw

上の写真の矢印部分が、立たせたり寝かせたりすると、上下しますので、横の目盛りを目安に立ち上げ角度を調整しましょう。

ちなみにこの角度調整ネジの裏側はこんな感じです。
ギザギザのナットが仕込まれていることにより、角度調整のボルトを回すと“クリック感”を得ながら回すことになります。

ちょっと話は前後しますが、レストの細やかな位置調整前の大まかな準備として、矢印のネジ2つをゆるめて、ある程度の角度と左右の位置を決めておくと、後々楽です。

次は、「セルフセンタリング・ブレード」についてです。
理屈は簡単。
ネジが皿ネジに変更され、受け側にも“面取り”加工がされていることで、ブレードの穴を通して締めこむとネジの噛み合わせによって、ブレードが直立する仕組みになっています。
一応、従来の形状のネジも付属します。

こんな感じで取り付きますが、注意していただきたい点があります。
締め付けすぎには気をつけて欲しいんです。

あまりにも締め付けが強すぎると、ブレードの穴周りが“ヨレ”てしまう可能性があります。
余計な負荷がかかり続けると、ちょっと大げさに言うと、ブレードの寿命が短くなる可能性あります。
かといって、ちょっとでもゆるいと、使用中にネジがゆるんできてブレードが取れかねませんので、こちらにも注意してくださいね。
目安は、ブレードがヨレないように観察しながら、締め付ける。。。と言うのが、今の所ベターかなと。。。

ターゲット競技に特化した専用レストとして大注目のこのレスト。
生産が間に合っていないのか、どうなのか、、、
当店への次の入荷予定が数週間先・・・
なんとかならんのかなぁ・・・(*`д´)


The following two tabs change content below.
Yamada

Yamada

山田ヒロ - JPアーチェリー大久保店 店長。主にコンパウンドを担当。元日本記録(コンパウンド70mW)保持者。 連絡先 cp_okubo@archery-shop.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。